かなテラスとは|めざすもの・愛称・シンボルマーク・アクセス

掲載日:2018年5月30日

かなテラスとは(リード文)

かなテラスが目指すもの愛称・シンボルマークアクセスかなテラスのあゆみ(グレー)ご利用案内 小(グレー)

かなテラスがめざすもの

ライン

かながわ男女共同参画センターは、男女共同参画社会の実現を推進する県域の拠点施設として、次の3点に留意して事業に取り組みます。

  1. 専門性・先進性を高め、男女共同参画推進施策における先駆的役割を担います。
  2. 社会的意義や求心力のある効果的発信づくりを進めます。
  3. 市町村との協働連携や多様な主体の力を活用した事業など、外部連携・外部誘導を主軸とした施策展開を進めます。

かなテラスの4つの柱

調査研究・人材育成・相談・情報発信・意識啓発

人材育成

男女共同参画を推進するため、望ましい社会づくり、自分らしい活動へのヒントやツールを学ぶ「かなテラスカレッジ」、キャリア形成支援に関する講座や、男性や若者、企業や市町村職員を対象とした講座の実施など、さまざまな分野での人材育成に取り組みます。

相談

  • 配偶者暴力相談支援センターとして、DV相談を行います。
  • 恋人同士の間で起こるデートDV相談を行います。

調査研究

  • 政策立案に結びつく根拠データの整備と男女共同参画に関する調査研究を行います。
  • 男女共同参画推進条例に基づき、事業所からの届出に関する集計・分析を行います。

情報発信・意識啓発

  • 講座、講演会の実施などを通じて、意識啓発をすすめます。
  • 啓発や情報提供のため企業訪問を行います。
  • 資料コーナーを設置します。
  • ホームページにより情報発信をします。

 

愛称・シンボルマーク

ライン

愛称  

かなテラスロゴテキスト

神奈川の「かな」と、男女共同参画社会を明るく照らし、人々が集うことができる「テラス」を表しています。

 

シンボルマーク  

かなテラスロゴマーク

神奈川の頭文字(K)。湘南の海と海岸線をモチーフに、男女共同参画社会の推進を明るく躍動的に表しています。

 

交通アクセス

ライン

住所及び電話番号

〒251-0025 神奈川県藤沢市鵠沼石上2-7-1 県藤沢合同庁舎2階
電話:0466-27-2111(代) FAX:0466-25-6499

地図

地図※JR藤沢駅、小田急藤沢駅、江ノ島電鉄藤沢駅下車徒歩10分
※駐車場39台あり(DV相談に来られた方は無料)

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa