かながわ地価レポート

掲載日:2019年9月20日

神奈川県の地価調査・地価公示

地価調査とは

国土利用計画法施行令第9条の規定に基づき、都道府県知事が、毎年7月1日時点における基準地の正常な価格を9月に公表しているものです。
この基準地価格は、公示価格(次項「地価公示とは」参照)とともに、一般の土地取引価格の指標や公共事業用地の取得価格算定の規準として利用されています。

地価公示とは

地価公示法に基づき、国土交通省の土地鑑定委員会が、適正な地価の形成に寄与するために、毎年1月1日時点における標準地の正常な価格を3月に公示しているものです。

地価調査・地価公示の資料・データ

概要及び公表資料

神奈川県の地価調査及び地価公示の概要と、公表資料を掲載します。

地価調査

[基準日7月1日]

地価公示(神奈川県分)

[基準日1月1日]

令和元(2019)年

平成31(2019)年
平成30(2018)年 平成30(2018)年
平成29(2017)年 平成29(2017)年
平成28(2016)年 平成28(2016)年
平成27(2015)年 平成27(2015)年
平成26(2014)年 平成26(2014)年
平成25(2013)年 平成25(2013)年
平成24(2012)年 平成24(2012)年

使用上の注意

(1)過去の調査地点の中には、地点の変更等により現在廃止になっているところもあります。
(2)地点廃止等により、基準地番号(地価公示は標準地番号)が変更になる場合があります。ご利用にあたっては、住居表示・地番をお確かめください。
(3)地価公示の詳細なデータにつきましては、官報及び国土交通省ホームページ(標準地・基準地検索システム)をご確認ください。

平均価格・平均変動率推移表(地価調査)

神奈川県の地価調査における、昭和49年からの平均価格及び昭和50年からの平均変動率の推移を一覧表にまとめています。

住宅地 商業地
平均価格 推移表(エクセル:35KB) 平均価格 推移表(エクセル:34KB)
平均変動率 推移表(エクセル:31KB)

平均変動率 推移表(エクセル:31KB)

*平均価格とは:全地点の地点ごとの価格の和を当該地点数で除したもの
*平均変動率とは:継続地点の地点ごとの対前年変動率の和を当該地点数で除したもの

グラフで見る地価調査

1 平均価格の推移
2 都心からの距離と平均価格
3 都心からの距離と平均変動率
4 平均価格と平均変動率
5 住宅地における都心距離区分別の平均価格と平均変動率

1 平均価格の推移

(1) 住宅地

平均価格推移 (1)住宅地(地価調査)
○ 県内住宅地の㎡あたり平均価格は、1974年(昭和49年)以降、最低は1976年(昭和51年)の57.9千円、最高は1991年(平成3年)の352.9千円でした。
○ 近年は弱い上昇傾向にあり、2018年(平成30年)は177.8千円となっています。

(2) 商業地

平均価格推移 (2)商業地(地価調査)
○ 県内商業地の㎡あたり平均価格は、1974年(昭和49年)以降、最低は1975年(昭和50年)の168千円、最高は1991年(平成3年)の1,995.7千円でした。
○ 近年は上昇傾向にあり、2018年(平成30年)は551.6千円となっています。

2 都心からの距離と平均価格

(1) 住宅地

都心からの距離と平均価格 (1)住宅地(地価調査)
○ 県内住宅地の平均価格は、都心に近いほど高く、都心から離れるほど低くなる傾向にありますが、都心からの距離が70km以上では下げ止まりの傾向も見られます。
*都心(東京都千代田区)から各市区町村への距離は、「国土交通省 位置参照情報」の緯度・経度データを使用して計算しています(以下同じ)。

(2) 商業地

都心からの距離と平均価格 (2)商業地(地価調査)
○ 県内商業地の平均価格は、都心に近いほど高く、都心から離れるほど低くなる傾向にありますが、発展した商業地のある市区町は、相対的に平均価格が高く、その傾向は横浜駅がある西区(3,083.3千円/㎡)で顕著となっています。

3 都心からの距離と平均変動率

(1) 住宅地

都心からの距離と平均変動率 (1)住宅地(地価調査)
○ 県内住宅地の平均変動率は、都心に近いほど上昇(プラス)傾向にあり、都心から離れるほど下落(マイナス)傾向にあります。

(2) 商業地

都心からの距離と平均変動率 (2)商業地(地価調査)
○ 県内商業地の平均変動率は、都心に近いほど上昇(プラス)傾向にあり、都心から離れるほど下落(マイナス)傾向にあります。
○ しかし、その中でも伊勢原市は50kmを超えてもプラス、また箱根町は70kmを超えてもプラスとなっています。

4 平均価格と平均変動率

(1)  住宅地

平均価格と平均変動率 (1)住宅地(地価調査)
○ 県内住宅地は平均価格が高いほど平均変動率は上昇(プラス)傾向にあり、平均価格が低いほど平均変動率は下落(マイナス)傾向にあります。

(2)  商業地

平均価格と平均変動率 (2)商業地(地価調査)
○ 県内商業地も平均価格が高いほど平均変動率は上昇(プラス)傾向にあり、平均価格が低いほど平均変動率は下落(マイナス)傾向にあります。

5 住宅地における都心距離区分別の平均価格と平均変動率

都心からの距離と平均価格・平均変動率 (1)住宅地(地価調査)

一般社団法人神奈川県不動産鑑定士協会作成・土地水資源対策課加工)

リンク

基準地・標準地検索

標準地・基準地検索システム(国土交通省)
全国の地価調査、地価公示の地価情報を検索できます。

よこはま地価マップ(横浜市)
地図上で神奈川県の地価調査、地価公示の地価情報を検索できます。

1都2県の地価情報

東京都(地価)埼玉県(地価)千葉県(地価)

横浜市・川崎市・相模原市の地価情報

横浜市(地価)川崎市(地価)相模原市(地価)

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa