令和元年神奈川県地価調査

掲載日:2019年9月20日

令和元年神奈川県地価調査結果(9月20日公表)

調査結果の概要

令和元年地価調査を実施したところ、その結果は次のとおりでした。

1 調査時点 

令和元年7月1日

2 調査地点 

927地点

(住宅地646地点、商業地223地点、その他58地点)

3 概要

  • 平成30年から1年間の県内の地価動向は、住宅地が横ばいから上昇、商業地、工業地は、それぞれ7年連続の上昇となった。県全体の用途別平均変動率は次のとおり。
     住宅地 商業地  工業地
     0.1%(0.0%) 2.5%(2.0%) 2.9%(2.2%)

    (カッコ内は前年の平均変動率)

  • 住宅地の平均変動率については、前回調査と比較すると、茅ケ崎市が横ばいから上昇、横浜市磯子区と金沢区が上昇から横ばいとなり、上昇地域は、横浜市・川崎市を中心とした計30市区となった。この結果、継続地点637地点のうち、266地点で上昇、148地点で横ばいとなった。
  • 商業地の平均変動率については、前回調査で上昇した市区町は、全て上昇となり、上昇地域は、横浜市・川崎市を中心とした計39市区町となった。この結果、継続地点219地点のうち、161地点で上昇、23地点で横ばいとなった。
資料

 

すべての基準地の詳細なデータ

標準価格一覧(PDF:1,706KB)

 

市区町村別 平均価格・平均変動率地図(住宅地・商業地)

住宅地 商業地
平均価格 地図 平均価格 地図
平均変動率 地図 平均変動率 地図

その年によって、価格・変動率のデータの刻みが異なることがあります。

 

用語の説明

地価調査 個別地点に関する記載内容及び用語の説明

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa