平成26年神奈川県地価調査

掲載日:2018年7月13日

平成26年神奈川県地価調査結果(9月19日公表)

調査結果の概要

平成26年地価調査を実施したところ、その結果は次のとおりでした。

1 調査時点 

平成26年7月1日

2 調査地点 

921地点

(住宅地649地点、商業地220地点、その他52地点)

3 概要

  • 平成25年7月から1年間の県内の地価動向は、県全体の用途別平均変動率では、住宅地(本年0.4%、前年0.1%)、商業地(本年1.3%、前年0.9%)、工業地(本年1.2%、前年0.6%)が、それぞれ2年連続上昇となった。
  • 住宅地の平均変動率については、前回調査で上昇した計32市区が、今回調査でも緩やかに上昇しているほか、鎌倉市、逗子市でも地価が上昇に転じるなど、上昇地域は、横浜市・川崎市を中心とした計35市区となった。この結果、継続地点638地点のうち、307地点で上昇、178地点で横ばいとなった。
  • 商業地の平均変動率についても、前回調査で上昇した計27市区町が、今回調査でも上昇しているほか、横浜市瀬谷区や栄区、相模原市中央区でも地価が上昇に転じるなど、上昇地域は、横浜市・川崎市を中心とした計36市区町となった。この結果、継続地点212地点のうち、137地点で上昇、36地点で横ばいとなった。 
資料

 資料1 地価調査の概要 [PDFファイル/869KB]

 資料2 基準地価格一覧 [PDFファイル/652KB]

[参考]資料2 基準地価格一覧 データ部分 [Excelファイル/112KB]

 

すべての基準地の詳細なデータ

 標準価格一覧 [PDFファイル/1.52MB]

 

市区町村別 平均価格・平均変動率地図(住宅地・商業地)

住宅地 商業地
平均価格 地図 平均価格 地図
平均変動率 地図 平均変動率 地図

その年によって、価格・変動率のデータの刻みが異なることがあります。

 

用語の説明

 地価調査 個別地点に関する記載内容及び用語の説明

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

本文ここまで
県の重点施策
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • 未病の改善
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • マグカル
  • ともに生きる