平成26年地価公示(神奈川県分)

掲載日:2018年7月13日

平成26年地価公示(神奈川県分)について(3月19日公表)

公示の概要

平成26年地価公示について、国土交通省が公表した資料をもとに神奈川県分を次のとおり取りまとめましたので、お知らせします。

1 調査時点 

平成26年1月1日

2 調査地点 

1,521地点

(住宅地1,137地点、商業地321地点、工業地63地点)

3 概要

  • 平成25年1月から1年間の県内の地価動向は、県全体の用途別平均変動率では、住宅地が0.6%(前年△0.3%)、工業地が0.9%(前年△0.2%)と、平成20年以来、6年ぶりに上昇に転じた。また商業地については1.5%(前年0.2%)と前年に引き続き上昇し、上昇幅も拡大している。
  • 住宅地の平均変動率については、前回公示では横浜市・川崎市のうち計17区で上昇したが、今回は、横浜市・川崎市・相模原市の全ての区のほか、藤沢市、大和市、海老名市など計34市区に上昇地域が拡大し、継続地点1,113地点のうち、600地点で上昇、247地点で横ばいとなった。
  • 商業地の平均変動率についても、前回公示では川崎市全区、横浜市の一部及び座間市の計21市区で上昇したが、今回は、横浜市・川崎市・相模原市のほぼ全ての区のほか、茅ケ崎市、海老名市、綾瀬市など計33市区に上昇地域が拡大し、継続地点316地点のうち、200地点で上昇、62地点で横ばいとなった。
資料

 ○ 資料1 地価公示の概要(PDF:1,728KB)

 ○ 資料2 公示価格一覧(PDF:5,225KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa