農産物の上手な利用法(米味噌(農産加工室・50kg用)/作り方)

掲載日:2018年3月7日
作り方 作り方(天地返し) 作り方のアドバイス 農産物の上手な利用法の表紙
作り方

(1)大豆を良く洗う。

写真写真

(2)大豆を4倍量以上の水に浸ける。

写真写真

(3)(2)の大豆の水を切り、水を入れた鍋に入れて加熱する。

写真写新

(4)(3)が沸騰したら、火力を弱め、軽く沸騰させながら30分間加熱する。

写真

(5)(4)の大豆の水を切り、加圧蒸煮する。

写真写真

(6)1気圧で15分間加熱し、常圧になるまでゆっくり冷却する。

写真

(7)(6)の加圧釜が常圧になったら、蒸煮大豆を釜から出し、冷却する。

写真

(8)塩の分量から、200gをフタ塩用に取り分ける。

写真

(9)(7)の蒸煮大豆が40℃くらいまで冷えたら、混合用の大きな容器に蒸煮大豆、米麹、塩を入れる。

写真

(10)混合用の容器に入れた蒸煮大豆、米麹、塩を攪拌・混合する。

写真写真

(11)(10)で攪拌した原料をミンチにかける。

写真

(12)ミンチにかけながら、発酵・熟成用の容器に詰め込む。

写真

(13)容器に詰め終わったら、表面を平らにし、フタ塩をふる。

写真写真

(14)(13)の上面をプラスチックシートを敷き、押し蓋をし、重石をのせる。

写真写真

(15)容器に異物が入らないように覆いをする。

写真


作り方 作り方(天地返し) 作り方のアドバイス 農産物の上手な利用法の表紙
本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa