農産物の上手な利用法(リンゴジャム/作り方のアドバイス )

掲載日:2018年3月9日
作り方のアドバイス

★リンゴの加熱

全体が沸騰したら、温度が下がらない程度の加熱でけっこうです。大量の場合、例えば大鍋で10~20kg加工する場合、一度沸騰すると温度は下がりにくいので、加熱を止めて1時間くらい放置すると、リンゴは十分に軟らかくなります。

★裏ごし

裏ごしはステンレスの金網、ストレーナーが便利です。裏ごしのカスは20~22%くらいになります。ここでは皮も芯も種も一緒に加熱しているので、金網の目が粗すぎると種や種のくずが網目を通り抜け、黒ゴマのようものがリンゴジャムの中に混ざります。この黒ゴマのようなものが気になる場合には手で取り除くか、材料を調整するとき、種の部分を除いて下さい。

リンゴジャムの材料へ
リンゴジャムの作り方・その1へ
リンゴジャムの作り方・その2(ビンにつめて保存する場合)へ
農産物の上手な利用法へ戻る
本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa