写真で見る!「黒岩日記」  2015年8月24日

掲載日:2015年8月24日

平成27年8月24日(月曜) 韓国訪問(2日目)

写真:京畿道庁

 韓国訪問2日目は、まず、京畿道庁を訪問し、南景弼(ナム・ギョンピル)知事との会談に臨みました。急速に少子高齢化が進展している韓国にとってその対応は大きな政治課題であり、南知事からは、超高齢社会の取り組みが進んでいる日本・神奈川から学びたいとの話がありました。特に未病を治す神奈川の取組について、強い関心を示され、未病についての共同の取り組みをしたいとの意向が示されました。

 南知事からの提案を受け、今後、未病に関する共同の取組みや職員の定期的な相互交流を進めていくことをお互いに約束しました。

写真:署名

 その後、友好提携25周年共同宣言の署名を行いました。京畿道とは、25年間の年月により、強い絆で結ばれており、今後も高齢社会への対応など両地域で抱える課題の解決や交流・協力関係を継続していくことを確認しました。

写真:視察

 午後は、京畿バイオセンター、光橋(クァンギョ)テクノバレーを視察しました。

 この地域は、産官学の共同でナノテクノロジーやバイオテクノロジーなど韓国でも最先端の技術開発を行っている地域であり、担当者から詳細な説明を受けました。

写真:講演

 最後に、光橋(クァンギョ)テクノバレーのホールでヘルスケア・ニューフロンティアに関する講演を行いました。会場には、京畿道職員やテクノバレーの研究員、大学生など約120名の方が聴衆として参加し、未病を治す取組みの考え方や施策について熱心な質疑が行われました。若年層の失業率が社会問題となっている韓国にとって、これまでの大企業財閥主導の経済から脱却するため、京畿道ではベンチャー支援による新産業の創造に力を入れています。中小企業にも機会のある裾野の広い産業としての未病という考え方に強い関心が示されました。


神奈川県

このページの所管所属は 知事室 です。