経営方針と各経営計画の位置付け

掲載日:2020年4月2日

神奈川県企業庁経営方針

位置づけ

 経営方針は、経営環境の変化を踏まえた企業庁のめざす姿(基本理念)と、その実現に向け中期的に取り組む経営の方向性(経営方針)を定めるものであり、企業庁が経営する5つの公営企業(水道事業、電気事業、公営企業資金等運用事業、相模川総合開発共同事業及び酒匂川総合開発事業)の重点的な取組を示すものです。

経営方針

期間

 中長期的な視点から、経営方針の期間を平成26年度から平成35年度(令和5年度)までの10年間としました。
 また、この経営方針をに基づき、「水道事業経営計画」及び「電気事業経営計画」についても前倒しで改定を行い、平成26年度を初年度とする計画を策定しました。そして、今後の5年間も環境変化が大きいことが予想されるため、平成31年度からも計画期間を5年間とする新たな両計画を策定しました。
経営方針計画