ホーム > 教育・文化・スポーツ > 文化・芸術 > 文化・芸術振興 > マグカル(マグネット・カルチャー) > マグカルシアター2022 > theater 045 syndicate「フェアウェル、ミスター・チャーリー」 ※終了しました

初期公開日:2022年3月9日更新日:2022年5月2日

ここから本文です。

theater 045 syndicate「フェアウェル、ミスター・チャーリー」 ※終了しました

マグカルシアター参加公演(かながわネクスト)theater 045 syndicate「フェアウェル、ミスター・チャーリー」(令和4年4月28日~5月1日)の公演情報です。

FMCチラシ

チラシ両面(PDF:2,026KB)

ご来場の皆様へのお願い

公演は終了しました。

かながわネクスト

神奈川県内に拠点を置き、著しい活動を展開する若手・中堅のアーティストやカンパニーに、スタジオHIKARIでの公演の機会を提供し、神奈川県の舞台芸術が将来に亘って豊かに成長するよう、期待し支援する取り組みです。

第一弾となる今回は「theater 045 syndicate」「演劇プロデュース『螺旋階段』」の2団体を選出し、2週間連続で作品を上演します!

公演情報

ストーリー

――それは伝説。遠い昔の物語。若いシナリオライターと、若い女優と、若い映画監督が出会って、映画が生まれた。その名も『フェアウェル、ミスター・チャーリー』。
それから数十年の後。
舞台は港町「ヨコハマ」、港に注ぐオオオカ川沿いに佇む寂れた映画館。大規模なテーマパークの誘致を受け、古くからの街の景色が壊され、まったいらにされようとしている。かつての若者は老い、志を失い、嘘の言葉で塗り固め――息も絶え絶えのこの街で、映写技師、侠客、そして女優・・・二人の男と一人の女が明日に向かって走りだす!
どっこい街は生きている!theater 045 syndicateと820製作所がタッグを組み、地元ヨコハマでお届けする「ハードボイルド・ワンダー・バラード」

作:波田野淳紘(劇団820製作所)
演出:中山朋文(theater 045 syndicate)

キャスト・スタッフ

今井勝法(theater 045 syndicate)
おのまさし
朝廣亮二
千葉恵佑(劇団820製作所)
日暮玩具(tsumazuki no ishi)
織田裕之(暗黒プロレス組織666)
真宮立佳
津内口淑香(劇団唐ゼミ☆)
仲満響香(G/9-Project)
河北琴音
清水凱
中山朋文(theater 045 syndicate)

加藤好昭(劇団820製作所)
みたにあかね(イカキック)
モハメディ亜紗南

日時

4月28日(木曜日)   19時
4月29日(金曜日・祝日) 14時 19時
4月30日(土曜日) 14時 19時
5月1日(日曜日) 14時  

会場

青少年センター2階 スタジオHIKARI

料金(全席自由)

一般:3,500円
学生:1,500円
かながわネクストセット割:5,000円

チケット予約フォーム

カンフェティ(前売・事前発券)

Corich(予約・受付取置)

電話予約:0120-240-540 ※通話料無料
受付時間平日10時から18時まで ※オペレーター対応

お問合せ

  • 電子メール:ticket.045syndicate@gmail.com
  • 電話:080-5940-0007

ホームページ

https://www.045syndicate.yokohama/

主催

神奈川県 theater 045 syndicate

このページの先頭へ戻る

このページに関するお問い合わせ先

このページの所管所属は国際文化観光局 文化課です。