造林補助事業に関する計画制度について

掲載日:2020年7月17日
 「森林経営計画」とは、森林所有者または森林の経営の委託を受けた者が、自らが森林の経営を行う一体的なまとまりのある森林を対象として、森林の施業及び保護について作成する5年を1期とする計画で、森林の所在する市町村の長へ提出し認定を求めることができます。
 一体的なまとまりを持った森林において、計画に基づいた効率的な森林の施業と適切な森林の保護を通じて、森林の持つ多様な機能を十分に発揮させることを目的としています。
 また、「森林施業計画」及び「特定間伐等促進計画」についても、「森林経営計画等」とみなし、造林補助の優遇処置の対象となります。
 森林の間伐等の実施の促進に関する特別処置法に基づき、都道府県知事が策定した特定間伐等の実施の促進に関する基本方針に即して、市町村長が作成する計画。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa