相模川総合開発共同事業

掲載日:2020年3月18日

城山ダム建設前の画像

城山ダム建設前の風景

津久井湖の画像

津久井湖

県内の水需要は、昭和30年代後半の高度経済成長期にはさらに著しく増加しました。こうした状況に対処するため、神奈川県、横浜市、川崎市及び横須賀市が共同して、城山ダムの建設を中心とする相模川総合開発共同事業が計画されました。

この事業では、相模ダムの下流に城山ダムを建設して洪水調節や発電を行うほか、串川と城山ダムを結ぶ導水路を設け、流入量の増大を図るとともに、下流の寒川地点に取水堰を設けて残流域流量を活用することで水道用水、工業用水の増大を図りました。

さらに、境川上流に本沢ダムを建設して電力を確保しました。

相模川総合開発共同事業の基幹施設

城山ダム寒川取水堰本沢ダム

企業庁のダムのページへ

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa