「かながわスポーツフェスティバルinはだの」

掲載日:2019年11月12日

かながわスポーツフェスティバル in はだの

「かながわスポーツフェスティバルinはだの」

 10月19日(土曜日)、秦野市カルチャーパークで開催された「かながわスポーツフェスティバルinはだの」を取材しました。柔道、走り方等の体験教室では、オリンピックや世界選手権等に出場経験のある講師陣によって、充実した指導が行われました。また、スポーツクライミング(小学生限定)、チャレンジテニスやパークゴルフ等、当日参加できるエンジョイスポーツコーナーには、たくさんの方が来場され、どの会場も大変賑わっていました。

【主催者挨拶】
 開催市である秦野市の高橋 昌和(たかはし まさかず)市長が、同時開催の「はだのパラスポーツフェスティバル2019」の主催者を代表し、また、神奈川県の平田 良徳(ひらた よしのり)スポーツ局長が「かながわスポーツフェスティバルinはだの」の主催者を代表して挨拶をしました。高橋市長は「すべての来場者がともに楽しめるスポーツイベントを、県とともに盛り上げていきたい。」平田局長は「ラグビーワールドカップ2019TMが盛り上がる中、あらためてスポーツが持つ魅力や素晴らしさを再認識した。」と、それぞれ挨拶しました。

あいさつ

 高橋 昌和 秦野市長    平田 良徳 スポーツ局長

【柔道教室】
 グランドスラム・デュッセルドルフ2019優勝(60kg級)の永山 竜樹(ながやま りゅうじゅ) 氏が指導する柔道教室では、受け身や相手との間合いの取り方等の基本動作の他に、投げ技について指導していただきました。

柔道

 投げ技(袖つり込み腰)

 の手本を示す永山 氏

【走り方教室】
 北京オリンピック男子4×100mリレーの第1走者として、銀メダル獲得に貢献した塚原 直貴(つかはら なおき) 氏が指導する走り方教室では、身体をリズミカルに使うコツを指導していただきました。

走り方

 ミニコーンを用いて、

 身体の使い方を説明する塚原 氏

【サッカー教室】
 湘南ベルマーレの講師陣が指導するサッカー教室では、楽しみながら取り組める、相手を意識したボールコントロールを指導していただきました。

サッカー

【キッズダンス】
 MK☆DANCE代表の小倉 誠(おぐら まこと) 氏が指導するキッズダンス教室では、参加した小学生の心と身体を、軽快な曲と動きでほぐしながら、ダンスの楽しさを十分に指導していただきました。短時間で動きを覚える小学生の才能には驚きます。

ダンス

軽やかなステップを披露する小倉 氏

【ソフトテニス教室】
 秦野市立北中学校出身で、ソフトテニス元ナショナルチームの 山口 大地(やまぐち だいち) 氏が指導するソフトテニス教室では、ラケットの基本操作等の指導を受けるため、地元の中学校のソフトテニス部員が多数参加していました。

テニス

 グリップやラケット操作等、細部にわたっ
て指導する山口 氏

【弓道教室】
 秦野弓道協会から多くの講師陣が指導する弓道教室では、滅多に体験できない弓道の礼法から弓を弾く動作等の実技まで、安全に留意しながら丁寧に指導していただきました。

弓道

【ヨガ教室】
 ヨガインストラクターの飯田 信代(いいだ のぶよ) 氏が指導するヨガ教室では、講師が登場する前から、参加者は準備万端の状態で、約90分間のメニューに取り組みました。身体の全ての部位をまたほぐすことができ、内容の濃い体験教室になりました。 

ヨガ

 笑顔を絶やさずに指導する飯田 氏

【親子ふれあい体操教室】
 NPO法人 松田ゆいスポーツクラブの松下 朗大(まつした あきひろ)氏が指導する親子ふれあい体操教室では、新聞紙やバランスディスクを動きづくりに用い、親子がふれあい、楽しめるよう工夫されていました。会場には、幼児の歓声がこだまし、保護者もまた笑顔で一緒に楽しめていたことが印象的でした。

親子

 新聞紙で動きづくりを指導する松下 氏

【エンジョイスポーツコーナー】
 エンジョイスポーツコーナーは、事前の申し込みがなくても、どなたでも自由にスポーツを体験できるコーナーです。チャレンジテニスやスポーツクライミング、パークゴルフ等のコーナーがあり、どのコーナーでも笑顔が溢れ、みなさん“エンジョイ”されていました。

〇スポーツクライミング     〇チャレンジテニス!

チャレンジ

〇パークゴルフ

パークゴルフ  

【3033運動ブース】

3033

 神奈川県では、1日30分、週3回、3ヶ月間継続して運動やスポーツを行い、運動やスポーツを暮らしの一部として習慣化する「3033(サンマルサンサン)運動」を推進しています。
 今回の「かながわスポーツフェスティバルinはだの」では、天候が心配されたものの、一部の種目を除き、屋外の体験教室も無事に実施することができました。今回は、延べで3,000名を越える方が来場され、どの体験教室・コーナーも歓声と笑顔が溢れ、大盛況でした。
 イベントを支えていただいた、講師、ボランティア、秦野市スポーツ推進課をはじめとする関係の皆様、本当にありがとうございました。来場いただいたすべての方々が、これからもスポーツを通し、楽しく元気に健康でありますように!!

 

 

 

 

 

 

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa