介護事業所等における新型コロナウイルス感染症への対応等について

掲載日:2021年6月8日

重要なお知らせ

特に入所施設は必ずお読みください。

昨年度に慰労金・支援金を概算払いで交付を受けた事業所は、実績報告の提出をお願いします。

新型コロナウイルス感染症 高齢者施設における対応の手引き

入所施設だけでなく、通所・訪問系の事業所で感染者が発生した場合は、必ず日次報告webフォームで報告してください(横浜市、川崎市、横須賀市を除く)。

様式類

介護に携わる事業者のみなさまへ

高齢者施設等従事者へのPCR検査

高齢者施設等の従事者の方は、令和3年6月末まで最大週1回無料で検査を受けられますので、積極的な受検をお願いします。訪問・通所系の事業所も対象になります。

高齢者施設等PCR検査申込フォーム

(参考)これまでの通知

マスクや消毒液等の衛生用品の支援について

毎月マスクや消毒薬等の不足状況を調査し、その結果を踏まえ、調達が難しい衛生用品を県で一括購入し配布しています。

  • その他の各種支援事業でも衛生用品の購入費用が補助の対象となる事業があります。

新型コロナウイルス感染疑い者が発生した施設への支援

衛生用品の緊急支援

マスク、消毒液、フェイスシールド、防護服等の衛生用品が不足する場合に緊急に配布します。

C-CATによるクラスター拡大防止

神奈川コロナクラスター対策チームC-CATが調査、感染拡大防止指導、防護服等の衛生資機材手配を行います。

応援職員の派遣

感染発生により、福祉サービス維持が困難な場合、応援職員の派遣調整や短期雇用人材の紹介をします。

新型コロナウイルス感染症緊急包括支援事業(介護分)

令和2年度実施事業のため、今年度の申請受付はありません。昨年度に慰労金・支援金を概算払いで交付を受けた事業所は、実績報告の提出をお願いします。

支援事業一覧

事業 概要 補助額 問合せ先
感染者・濃厚接触者対応経費の補助

感染者、濃厚接触者が発生した施設・事業所等
感染者・濃厚接触者に対応するために、通常以上にかかった物品・人件費等(危険手当を含む)を補助します。

事業所・定員あたりの補助基準額まで 高齢福祉課
在宅サービスグループ
陰圧室の設置の補助

感染拡大のリスクを低減するため、ウイルスが外に漏れないように気圧を低くした陰圧室を設置するための経費を補助します。

上限1台あたり
432万円

高齢福祉課
福祉施設グループ

ゾーニング環境等の整備の補助

ユニット型施設の各ユニットへの玄関室設置によるゾーニング経費支援

消毒や防護服の着脱等を行うためのスペースを設置するための経費を支援します。
(関係書類は「陰圧室の設置の補助」と同じ)

1か所あたり1,000千円

従来型個室・多床室のゾーニング経費支援

感染者と非感染者の動線を分離することを目的として行う改修を行う経費を支援します。
(関係書類は「陰圧室の設置の補助」と同じ)

1か所あたり6,000千円

2方向から出入りできる家族面会室の整備経費支援

面会室への出入り口を複数設け、アクリル板等の設置をするための経費を支援します。
(関係書類は「陰圧室の設置の補助」と同じ)

施設・事業所あたり3,500千円
通所事業所の訪問でのサービス提供経費支援 通所利用者に対して、感染防止のため、訪問によるサービス提供を行った場合にかかった衛生用品や自転車等の経費を補助します。 事業所あたりの補助基準額まで

高齢福祉課
在宅サービスグループ

新型コロナウイルス感染症対策に活用可能な動画のご案内

インターネット動画サイト「かなチャンTV」

厚生労働省YouTube(MHLWchannel)

高齢者施設における新型コロナウイルス感染症拡大防止面会ガイドライン

参考資料については介護情報サービスかながわの書式ライブラリに掲載しています。

社会福祉施設等の感染防止対策の徹底について

新型コロナウイルス感染症に関する県通知等

介護情報サービスかながわ

>書式ライブラリ

>11.安全衛生管理・事故関連・防災対策

県からの各種通知を掲載しています。


Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。