県央地域  県営林道通行止め等情報(林道事業)

掲載日:2020年6月23日

林道の通行について

 林道は林業経営、森林管理のために作られているため、一般に開放された県道などと違って走行条件が厳しく、落石等による危険があります。

 そのため、公安委員会やゲートによる通行規制行っています。
 県央管内の林道と規制について

 なお、林道を占有したり、施設を設置(埋設)する際には、県央地域県政総合センター農政部林道課にお問い合わせください。

通行止め情報
天候その他の状況により予告無く通行止めとすることがあります。

令和元年台風19号による林道の被災について

 台風19号等の影響により、多数の林道に甚大な被害が出ており、順次復旧を進めておりますが、各路線で複数の被災を受けていることから、全線復旧にはかなりの時間を要す見込みです。
 被災した路線の通行情報は、路線ごとに掲載しますのでご確認ください。

 なお、被災している林道は大変危険な状態ですので、徒歩でも立ち入らないでください。

 また、登山・ハイキングをされる方は、自然公園歩道情報についても併せてご確認ください。

全線通行止めとなっている林道

荒井、伊勢沢、金沢、法華峰、本谷、塩水

(”林道”省略)

一部通行止めとなっている林道

1.早戸川林道

 早戸川国際マス釣場(起点より1.5km)から先は、路体流出のため通行できません。
 ※通行可能な区間の通行に際しては、落石などに十分にご注意ください。

令和元年台風19号災害_早戸川線_路体流出

2.神の川林道

 (1)裾野沢の手前100m区間(起点より0.8km)は、法面崩落の危険があるため通行できません

 ※通行可能な区間の通行に際しては、落石などに十分にご注意ください。

 (2)裏丹沢渓流マス釣場(起点から5.5km)から先は、山腹斜面に新たな地割れが見つかったことから、大規模崩落の危険があるため、当面の間歩行者を含め通行できません

神の川山腹斜面亀裂03

3.坂沢林道

 日陰橋(起点から0.9km)から先は、路体流出のため通行できません

令和元年台風19号災害_坂沢線_土砂崩落・路体流出

4.栃谷坂沢林道

 明王峠稜線(起点(底沢側)から6.5km)から終点ゲート(起点から9.5km)の区間は、土砂崩落のため通行できません

5.奥野林道

 奥野隧道(起点から1.3km)から先は、路体流出のため通行できません

6.唐沢林道

 小唐沢橋(起点(県道64号側)から7.0km)から火打沢隧道(起点から10.8km)の区間は、土砂崩落のため通行できません

7.法論堂林道

 起点から1.5km地点において、土砂崩落のため通行できません。このため清川村と愛川町間の通り抜けはできません。

8.境沢林道

 丹沢ホーム(起点から0.5km)から先は、路肩崩落のため通行できません

9.東南林道

 起点(串川側)から1.0kmの区間は、路面流出のため通行できません

迂回路区間の通行注意について(最徐行)

和田林道

 起点から1.0km地点で発生した法面崩落による通行止解消のため、迂回路を開設しました。
 迂回路区間は幅員が狭く、急勾配、急カーブとなっております。対向車や歩行者等に十分ご注意いただいた上、最徐行で通行してください

 平成30年崩落_和田線_迂回路

本文ここで終了