CSF(豚熱)感染確認区域における有害捕獲の際の防疫措置等について

掲載日:2020年7月17日

CSF(豚熱)感染確認区域における有害捕獲の際の防疫措置等について

令和2年5月9日に相模原市内で回収された死亡野生イノシシにおいてCSF(豚熱)の感染が確認されました。

感染確認区域において有害捕獲等を実施する際、捕獲したイノシシ等に付着しているCSF(豚熱)ウイルスが拡散し、感染が拡大するおそれがありますので、次のPDFファイルに記載の防疫措置等を実施くださるよう御協力をお願いします。

CSF(豚熱)感染確認区域における有害捕獲の際の防疫措置等(PDF:629KB)(別ウィンドウで開きます)

CSF(豚熱)感染確認区域(令和2年7月15日現在)

神奈川県内では次の区域をCSF(豚熱)の感染確認区域とします。

  • 相模原市緑区

相原、青根、青野原、太井、大島、小倉、小原、小渕、上九沢、川尻、久保沢、佐野川、澤井、下九沢、城山、寸沢嵐、谷ヶ原、千木良、中沢、中野、名倉、西橋本、二本松、根小屋、橋本台、原宿、日連、広田、牧野、又野、町屋、三井、三ヶ木、向原、吉野、与瀬、若葉台、若柳

感染確認区域の解除の時期や条件については、感染の拡大状況等を踏まえて、別途お知らせします。

csf感染確認区域

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa