ホーム > くらし・安全・環境 > 生活と自然環境の保全と改善 > 公害対策 > 水・地盤環境 > かながわの水質事故 > 令和2年度 神奈川県内の水質事故発生状況について

更新日:2021年8月20日

ここから本文です。

令和2年度 神奈川県内の水質事故発生状況について

水質事故発生件数

1 水系別水質事故発生件数等(PDF:704KB)

 令和2年度の神奈川県内の水質事故発生件数は220件でした。(令和元年度は184件)

  • 内訳

魚死亡 10件

油浮遊 109件

その他(着色・汚濁等)101件

 水系別では、境川水系が53件で最も多く、以下相模川水系が29件、鶴見川水系が18件でした。

2 原因別水質事故発生件数等(PDF:899KB)

 水質事故発生件数220件のうち、事故原因が判明したものは98件で、全体の45%となっています。(令和元年度は48%)

  • 内訳

工場など事業所によるもの 56件(57%)

工事によるもの 19件(19%)

交通事故によるもの 12件(12%)

不法投棄によるもの 2件(2%)

一般家庭及びその他のものが原因であるもの 9件(9%)

※原因別の割合は事故原因が判明した水質事故におけるものです。

3 月別水質事故発生件数等(PDF:50KB)

 令和2年度の月別発生件数を見ると、7月が32件で最も多く、9月が最も少なく12件でした。

※横浜市、川崎市、相模原市、横須賀市及びその他県域では、それぞれ水質事故の集計方法が異なるため、合計数が異なる場合があります。


他にもこんな事故が発生しています!

水質事故発生状況

 令和2年度に神奈川県内(横浜市、川崎市、相模原市及び横須賀市を除く)で発生した水質事故の発生状況です。なお、横浜市、川崎市、相模原市及び横須賀市で発生した水質事故については、各市のホームページをご覧ください。


音声読み上げソフトをご利用の方へ

 このページに掲載しているデータはPDF形式で提供しています。ご利用のソフトがPDF形式に対応していない場合は、お手数ですが、下記までお問い合わせください。

 

このページの所管所属は環境農政局 環境部大気水質課です。