森林再生パートナー制度の概要

掲載日:2021年1月7日

森林再生パートナーには、「県の行う森林整備への協力」(2020年7月1日現在30者)、「森林所有者への直接支援」(同1者)の2つがあります。

まず「県の行う森林整備への協力」は、パートナーである企業・団体によるご寄附を財源として県が森林整備を行うことを基本とする制度です。

さらに希望する企業・団体には、実際に森林整備活動(パートナー活動)を実施していただき、県とパートナーが一体となって水源の森林を守っていきます。

また、「森林所有者への直接支援」は、森林所有者(森林組合)が行う森林整備等にかかる費用を原則5年間の契約で直接支援いただくものです。 

項目 内容
ご寄附 原則5年で合計300万円
森林再生パートナー活動 間伐、枝打ち、下草刈り、自然観察等の活動を実施
ネーミングライツ森林 10ha程度の森林に「○○会社の森」などの名称設定
森林CO2吸収量算定書 ご支援の内容から算定した標準CO2算定書を発行
感謝状贈呈式 初回のご寄附をいただいた際に知事名の感謝状を贈呈
PR活動 県がホームページやイベントの中で活動の様子をPR

○森林再生パートナー リーフレット(2020年4月1日時点版)

 (表)(PDF:353KB) (裏)(PDF:381KB)


  • 森林再生パートナー活動:活動の様子は森林再生パートナー企業・団体一覧から各企業・団体のページをご参照ください。
  • ネーミングライツ森林:神奈川県で発行しているパンフレット「神奈川の森林・林業」に表示します。下記の図はパンフレット上の宮ヶ瀬湖畔のネーミングライツ設定状況です。

神奈川の森林・林業2019表紙神奈川の森林・林業2019(地図)

  • 森林CO2吸収量算定書:パートナーである企業・団体様は算定書の数値をPRすることができますが、排出量規制や取引が制度化された場合のオフセットやクレジットとして使用することはできません。

CO2吸収量算定書

  • 感謝状贈呈式:知事室にて知事から感謝状を贈呈。写真は株式会社荏原製作所様への贈呈式の様子(平成29年9月21日)。

感謝状贈呈式

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa