ホーム > 健康・福祉・子育て > 福祉 > 地域福祉・助け合い > バリアフリーの街づくりについて

更新日:2022年9月12日

ここから本文です。

バリアフリーの街づくりについて

バリアフリーの街づくりについて

バリアフリーフェスタかながわ2022を開催します!

本県では、障害者や高齢者が安心して生活し、自らの意思で自由に移動し、社会に参加できるバリアフリーの街づくりに向けて、「神奈川県みんなのバリアフリー街づくり条例」に基づく施策を障害者等の関係団体や事業者、県民と協働して進めています。

その一環として、この度、条例の推進組織である「神奈川県バリアフリー街づくり推進県民会議」の主催により「バリアフリーフェスタかながわ2022」を開催します。

この催しは、県民会議に設置された同フェスタ実行委員会(委員長:吉富多美認定NPO法人神奈川子ども未来ファンド副理事長)が企画・立案したもので、バリアフリーの街づくりを体感し、理解を深めていただけるよう開催するものです。

事前申込は不要です。多くの皆さんのご来場をお待ちしております。

主催

神奈川県バリアフリー街づくり推進県民会議

日時・場所

令和4年11月5日(土曜日)11時30分から17時00分まで

横浜新都市ビル(そごう横浜店)9階センタープラザ(横浜市西区高島2-18-1)

「横浜駅」徒歩5分

内容

県民会構成団体を含む16団体が13コーナーを企画・運営します。

<新都市ホールホワイエ>

コーナー名 内容 団体名
クイズで知ろう!カラーバリアフリー カラーバリアフリーについて知っていますか? NPO法人カラーユニバーサルデザイン機構

知ってほしい視覚障害者の困りごと

~街で困っている視覚障害者をみかけたら~

視覚障害者のサポート体験をしてみませんか?

神奈川県網膜色素変性症協会

(JRPS神奈川)

セルフヘルプ・グループってなあに? セルフヘルプ・グループについて知っていますか? 社会福祉法人神奈川県社会福祉協議会
手話を覚えてみよう! 手話とその魅力を知ってみませんか? 公益社団法人神奈川聴覚障害者協会

バリアフリー優良事例のご紹介

東京2020オリンピック・パラリンピックパネル展示

ハード・ソフトのバリアフリー表彰事例紹介や東京2020大会のパネル展示をします。 神奈川県地域福祉課
体験しよう!ガイドヘルプ 目の不自由な人へ声掛けし、ガイドしてみませんか? 神奈川ライトハウス
気分ラクラクマッサージ 有資格者によるマッサージの無料体験をしませんか? NPO法人神奈川県視覚障害者福祉協会

<センタープラザ>

コーナー名 内容 団体名

ボッチャどうでしょう

パラスポーツのボッチャを体験してみませんか?

神奈川県立三ツ境養護学校

(神奈川県教育委員会)

劇場へ行こう! 県民ホールと神奈川芸術文化財団の取組みを紹介します!

神奈川県民ホール

(公益財団法人神奈川芸術文化財団)

市民がつくるお出かけ支援 県内に広がるお出かけ支援の活動事例紹介

認定NPO法人かながわ福祉移動サービスネットワーク

横浜交通まちづくり協会

多様性を認め合う神奈川に「いじめストップ!ピンクシャツデー」

神奈川県内のピンクシャツデーアクションを紹介します。 認定NPO法人神奈川子ども未来ファンド
車いすで坂道をのぼってみよう!&わが家のバリアフリーチェック 「車いすでのりこえられないものはない」体験コーナーです!

NPO法人神奈川県障害者自立生活支援センター

公益社団法人かながわ住まいまちづくり協会

NPO法人横浜市まちづくりセンター

<ステージ>

コーナー名

内容 団体名
知的障がい者によるライブ演奏 知的障がい者による歌と演奏で楽しみましょう。 NPO法人Music of Mind

 

各コーナーのスタンプを集めると景品がもらえるスタンプラリーも実施します。

「介護フェアinかながわ」も同時に開催されます。

バリアフリーフェスタの開催実績

問合せ先

神奈川県福祉子どもみらい局福祉部地域福祉課調整グループ

電話 045-210-4748(直通)

ファックス 045-210-8874

だれもが住み良いバリアフリーの街づくり

 すべての県民が安心して快適に生活でき自由に外出することができるやさしい街をつくるため、神奈川県は、「福祉の街づくり条例」を平成8年に制定しました。その後の社会状況の変化やユニバーサルデザインの関心の高まりなどに対応するため、平成20年に改正し、「みんなのバリアフリー街づくり条例」としました。(改正条例は平成21年10月1日施行)
障がい者や高齢者、妊産婦、ケガなどをした方々が、街の中の建築物や道路、公園などを利用するとき、不便を感じたり、使うことができないことがあります。
そこで、「神奈川県みんなのバリアフリー街づくり条例」は、新しく施設をつくるときに、スロープや手すりの設置など、障がい者等が利用できるように配慮した整備をすることを求めています。また、すでにある施設についても障がい者等に配慮した整備の努力をしてもらうこととしています。
これらの施設整備とあわせて、県民がお互いに理解し助け合うことにより、だれにもやさしいバリアフリーの街づくりを目指します。

メニュー

  • バリアフリー街づくり推進県民会議
    県民会議の開催日や議事録、県民会議からの提案書や提案書に関する意見募集等について掲載しています。
  • みんなのバリアフリー街づくり条例
    条例及び施行規則、福祉の街づくり推進協議会、バリアフリー街づくり推進検討会議、条例改正の経緯等について掲載しています。
  • 条例に基づく建築物への事前協議等について
    事前協議、審査窓口、様式、問い合わせ等について掲載しています。
  • 整備ガイドブック
    整備ガイドブックをダウンロードできます。また、整備ガイドブックの購入方法等を記載しています。
  • バリアフリーに向けた取組み
    バリアフリーアドバイザーの派遣、カラーバリアフリーの取組み、心のバリアフリー、「みんなのトイレ」、宿泊施設のガイドライン等について掲載しています。
  • 各種広報物のご案内
    小学生向けバリアフリー教育用冊子、心のバリアフリーチラシなど、バリアフリーのまちづくりに関するパンフレット等を掲載しています。
  • バリアフリーの事例紹介
    条例の適合証交付施設、バリアフリーマップ情報など、県内のバリアフリー施設を紹介しています。
  • よくある質問
    みんなのバリアフリー街づくり条例について、よくある質問をまとめました。 

アドビリーダーのダウンロードPDFファイルを御覧いただくには、アドビシステムズ社が無償配布しているAdobe Readerが必要です。 アイコンをクリックすると、ダウンロードページが別ウィンドウで表示されます。

このページの先頭へ戻る

本文ここで終了

このページに関するお問い合わせ先

このページの所管所属は福祉子どもみらい局 福祉部地域福祉課です。