バリアフリー法関連

掲載日:2021年5月6日

バリアフリー法に基づく委任規定について

神奈川県では、「神奈川県福祉の街づくり条例」の第4章で、バリアフリー法に基づく委任規定を定めています。

「神奈川県みんなのバリアフリー街づくり条例」(平成25年1月11日改正)[PDFファイル/26KB]PDFファイル
 

条例の構成

第1章 総則

目的、定義、県の責務、事業者の責務、県民の責務、総合的推進 

第2章 施策の基本方針等

施策の基本方針、障害者等の意見の反映、検討、情報の提供等、財政上の措置

第3章 施設等の整備

公共的施設等の整備、指定施設の整備、公共車両等の整備

参照対象施設等一覧
[PDFファイル/19KB]
PDFファイル

参照適用時期について
[PDFファイル/111KB]
PDFファイル

参照[参考]チェックリスト新規ウィンドウを開く

第4章 バリアフリー法に基づく法委任規定

バリアフリー法第14条第3項に基づく、建築確認審査の対象となる施設の追加、規模の引下げ、整備基準の付加

参照第4章法委任規定の逐条解説[PDFファイル/254KB]PDFファイル

<ご注意>建築基準法関係規定となるため、第4章を満たさない場合は建築確認がおりません

第5章  雑則  

 

条例の適用区域

横浜市、川崎市を除く※県内31市町村については、県条例が適用となります。(→審査窓口はこちら
※横浜市と川崎市はそれぞれ独自に「福祉のまちづくり条例」を施行しており、県条例は適用されません。
 

よくある質問(第4章関係)

みんなのバリアフリー街づくり条例の第4章に関するよくある質問をまとめました。(第3章に関するよくある質問はこちら

質問

 共同住宅には、車椅子使用者用駐車施設の設置が必要ですか。(R3.5.6追加)

回答

 共同住宅に設ける駐車場が、来客者等も使用する駐車場である場合には、「多数の者が利用する駐車場」に該当することから、車椅子使用者用駐車施設の設置が必要です。
 一方、契約者専用駐車場のように特定の住民のみが使用する駐車場である場合には、「多数の者が利用する駐車場」に該当しないことから、車椅子使用者用駐車施設の設置義務はありません。
 
 

バリアフリー法関連情報(地域福祉課ホームページ)

バリアフリーのまちづくりについて
神奈川県みんなのバリアフリー街づくり条例情報条例、施行規則の本文や改正情報が掲載されています
建築物を建てる方へ審査窓口、事前協議の様式等について
 

県内認定実績一覧

バリアフリー法認定実績新規ウィンドウを開く
旧ハートビル法認定実績新規ウィンドウを開く
 

参考書籍

みんなのバリアフリーまちづくり整備ガイドブックダウンロードもこちらから行えます
バリアフリー法逐条解説2006(日本建築行政会議(JCBA)発行)ダウンロードもこちらから行えます
 

関係団体リンク

人にやさしい建築・住宅推進協議会新規ウィンドウを開く
 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。