更新日:2021年4月15日

ここから本文です。

要注意!対人関係におけるストレス

 厚生労働省による「労働者健康状況調査2012年」では、職場でのストレスの原因として人間関係を挙げる人が最も多いという結果が出ました。一人ひとり性格に個性があり、社会的な立場や価値観もさまざまですから、コミュニケーションの方法に、”必ずうまくいく”というような正解はありません。

 例えば、対人関係において、以下のようなことを心がけることも大切です。

・一人ひとり多様な価値観があるため、意見の食い違いは「あって当然」と考える

・相手に対して、間接的な表現は避け、自分の感情や意見を言葉にして伝える

・相手の態度や言葉を深読みしすぎない

・相手のプラス面に目を向ける

 また、他者との対人関係に悩んだときは、自分だけの時間をもつことも勧められます。

要注意!対人関係におけるストレス

 

※このページは、権利者の許諾を得た上で、「日本健康マスター検定(健検)」の公式テキストを基に作成しています。

ロゴ

(日本健康マスター検定の公式HPにリンクします。)

このページに関するお問い合わせ先

政策局 いのち・未来戦略本部室

政策局いのち・未来戦略本部室へのお問い合わせフォーム

未病産業グループ

電話:045-210-2715

ファクシミリ:045-210-8865

このページの所管所属は政策局 いのち・未来戦略本部室です。