更新日:2020年12月15日

ここから本文です。

フィンランド オウル市

県とオウル市とのMOUについて紹介します。

フィンランド共和国オウル市との取組み

オウル市との覚書(MOU)の概要

【MOU(覚書)締結の目的】

ライフサイエンス分野等における、両地域の官民の団体・企業、大学、研究機関等の協力関係の拡充と、
両地域の友好関係のさらなる拡大を目指す。

【締結主体】

神奈川県、オウル市

【協働合意内容】

主な協働分野(ヘルスケア製品、バイオメディカルや医薬にかかわる製品、「未病」と「オウル・ヘルス・エコシステム」のコンセプトに基づくイノベーション、ヘルスケアのためのロボティクス等)

上記の分野において、調査研究での共同プログラムを通じて、両地域の学術的・科学的なパートナーシップの推進を図るとともに、民間事業者間のビジネス活動の振興を図る。

特に、e-ヘルス(ITを活用した医療・健康サービス)、バイオメディカル等における、商取引や技術移転を通じた科学的・技術的な基盤強化に向けた協力関係の拡充を目指す。

 

MOUwOulu

オウル地域の概要

フィンランドの首都ヘルシンキから北へ600km、北極圏直下の街オウル。オウル地域の人口はおよそ25万人で、フィンランド北部の中核都市です。

オウルは、1958年に設立されたオウル大学とともに発展した、世界トップクラスのICT産業と教育における強固な地盤をもつ地域で、ヨーロッパのシリコンバレーと呼ばれています。

また、スカンジナビア地域初のサイエンスパークを含む、2つのサイエンスパークを有するなど、教育・研究開発のハブとして、特にライフサイエンス分野におけるリーディングタウンになっています。

東京からオウルには、ヘルシンキ経由でおよそ12時間のフライトで行くことができます。

ouluphoto

オウルヘルス・ラボのご紹介

オウル市では、医療機器等の製品トライアルの場として、「オウルヘルス・ラボ」を企業向けに提供しています。
オウルヘルス・ラボでは、医療従事者や学生といったユーザからのフィードバックを得ることができます。
ユーザビリティテストや、欧州進出を検討する際のマーケティングの場として活用することができます。

labo

※内容に関する問合せは、資料に記載の問合せ先へ直接ご連絡ください。
※申し込みや担当者とのやりとりは英語で行われます。日本語でのサポートはありません。

オウルヘルス・ラボ関連リンク (※英語)

このページに関するお問い合わせ先

政策局 いのち・未来戦略本部室

政策局いのち・未来戦略本部室へのお問い合わせフォーム

国際戦略グループ

電話:045-210-2725

内線:2725

ファクシミリ:045‐210‐8865

このページの所管所属は政策局 いのち・未来戦略本部室です。