ホーム > 産業・働く > 事業者支援・活性化 > 産業振興・企業組合 > グローバル戦略の推進 > 「日英ライフイノベーションシンポジウム in 殿町」を開催しました

更新日:2020年4月22日

ここから本文です。

「日英ライフイノベーションシンポジウム in 殿町」を開催しました

平成28年2月23日、英国の「セルセラピー・カタパルト」と連携し、日英の企業、大学、団体等のキーパーソンがグローバル拠点の形成や今後の日英連携について幅広く議論を深めるシンポジウムを開催しました。

講演の様子1講演の様子2

平成28年2月23日(火曜日)、神奈川県は、英国の「セルセラピー・カタパルト」と連携・協力し、日英の企業・大学・団体等のキーパーソンがグローバル拠点の形成や今後の日英連携について幅広く議論を深めるシンポジウムを開催しました。
(※セルセラピー・カタパルトとは)
英国政府により2012年に設立された再生・細胞医療分野の世界有数の産業化促進機構。神奈川県は2015年11月、日本の自治体として初めて、同団体との間で再生・細胞医療の産業化に向けた協力に関する覚書(MOU)を締結。

概要

1 主催

神奈川県 
(共催)幹細胞評価基盤技術研究組合
(後援)経済産業省、川崎市、(一社)再生医療イノヘ゛ーションフォーラム、(特非営)京都SMI、スコットラント゛国際開発庁、英国貿易投資総省 

2 日時

平成28年2月23日(火曜日) 13:00から17:10

3 場所

川崎生命科学・環境研究センター(LiSE)1F 大会議室 

4 主なプログラム

1 イントロダクション
(1)キングスカイフロントの紹介
高橋 哲也 川崎市 総合企画局臨海部国際戦略室 担当部長
(2)再生・細胞医療の産業化に向けた神奈川県の戦略
山口 健太郎 神奈川県 ヘルスケア・ニューフロンティア推進局 副局長
(3)日本の健康・医療戦略
宮田 俊男 神奈川県 顧問、日本医療政策機構 エク゛セ゛クティフ゛・テ゛ィレクター

2 講演「英国におけるイノベーション戦略」
(1)ヨハン・ヒルナー セルセラピー・カタパルト CSO
(2)クリス・メイソン ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン 教授

3 日英ビジネス・アップデート
(1)マーガレット・アン・クレイグ クライド・バイオサイエンス CEO
(2)西垣 扶佐子 (一社)再生医療イノベーションフォーラム 運営副委員長
(3)久野 孝稔 CYBERDYNE株式会社 事業推進部 部長

4 パネルディスカッション
「ライフイノベーションの実現に向けた日英連携 神奈川発グローバルネットワークの形成に向けて」
モデレータ:  仙石 慎太郎 東京工業大学 大学院イノヘ゛ーションマネシ゛メント研究科 准教授
パネリスト:  中辻 憲夫 京都大学 物質-細胞統合システム拠点 特任教授
佐藤 陽治 国立医薬品食品衛生研究所 再生・細胞医療製品部 部長
佐々木 えりか (公財)実験動物中央研究所 マーモセット研究部 部長
宮田 俊男 神奈川県顧問、日本医療政策機構 エク゛セ゛クティフ゛・テ゛ィレクター
ヨハン・ヒルナー セルセラピー・カタパルト CSO
クリス・メイソン ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン 教授

このページの所管所属は政策局 いのち・未来戦略本部室です。