かながわの魚 アユ

掲載日:2021年5月31日

旬の時期・・・6月から8月

主な水揚地・・・相模川、酒匂川、早川

主な漁法・・・友釣り、毛針釣り

おすすめの食べ方・・・洗いや田楽、甘露煮、揚げ物干物など様々ありますが、一番のおすすめは、シンプルな塩焼きです。他にも内臓を用いた塩辛「うるか」も有名です。

主な栄養素・・・ビタミンB、アミノ酸が豊富です。カルシウムやリンなどのミネラルも多く含んでいます。

豆知識・・・キュウリやスイカのような香りがすることから、漢字で「香魚」とも書かれます。アユは日本独特の「友釣り」で釣ります。「友釣り」はアユのなわばりを作る性質を利用した漁法で、釣糸につけたおとりのアユを泳がせ、攻撃を仕掛けてくるアユを釣り上げる漁法です。アユの友釣りは夏の風物詩ともなっており、毎年各地から訪れる釣り人で賑わいます。

アユを使った美味しいレシピをご紹介します♪(クリックするとレシピを表示します)
アユの塩焼き
アユの塩焼き
本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa