県営住宅 住宅の種類について

掲載日:2019年5月13日

応募者の方の家族構成や状況に応じて、次のような種類があります。


世帯向住宅

住宅の種類 特定の資格 優遇制度
一般世帯向住宅 家族2人以上の世帯向けの住宅です。 優遇あり
子育て世帯向住宅
(入居期限付き住宅)
小学校就学前の子どもと現在同居し、扶養している世帯向けです。 優遇なし
シルバーハウジング
(高齢者世話付き住宅) ※1
高齢者の方で家族2人向けの住宅です。
申込む住宅により年齢制限が異なります。
落選優遇
あり(あき家住宅)
身体障害者向住宅(車いす) 車いすを使用する身体障害者手帳1~4級をお持ちの方と同居する世帯向けの住宅です。 優遇なし
身体障害者向住宅(車いす以外) 車いすを使用しない身体障害者手帳1~4級をお持ちの方と同居する世帯向けの住宅です。 優遇なし

このページの先頭にもどる

単身向住宅

住宅の種類 特定の資格 優遇制度
一般単身者向住宅

単身者向けの住宅です。

※特定の資格が必要です。

落選優遇
あり(あき家住宅)
高齢単身者向住宅 60歳以上の方。
ただし、昭和31年4月1日以前に生まれた方も、申込むことができます。
落選優遇
あり(あき家住宅)
シルバーハウジング
(高齢者世話付き住宅) ※1
高齢者の単身者向けの住宅です。
申込む住宅により年齢制限が異なります。
落選優遇
あり(あき家住宅)
身体障害者向住宅(車いす単身) 車いすを使用する身体障害者手帳1~4級をお持ちの単身者向けの住宅です。 優遇なし
身体障害者向住宅(車いす単身以外) 車いすを使用しない身体障害者手帳1~4級をお持ちの単身者向けの住宅です。 優遇なし

このページの先頭にもどる


※1シルバーハウジング(高齢者世話付き住宅)は、高齢者世帯が地域社会の中で自立して安全かつ快適な生活を営むことができるよう、高齢者の生活特性に配慮した住宅であり、その在宅生活を支援するための福祉サービスが適切に受けられるよう配慮された住宅です。