「流域治水」について

掲載日:2021年3月30日

流域治水

 気候変動による降水量の増大や水害の激甚化・頻発化など、今後、懸念される水災害のリスクの増大に備えるためには、これまでの河川管理者・下水道管理者等による治水だけでなく、流域に関わる関係者が、主体的に治水に取り組む社会を構築する必要があります。
 このため、県内の各流域において、河川管理者・下水道管理者、県、市町村等、あらゆる関係者からなる流域治水協議会等を設置し、流域全体で取り組む具体的な治水対策の全体像を、国や県、市町村と連携して検討し、早急に実施すべき対策を「流域治水プロジェクト」として取りまとめ、流域治水を計画的に推進していきます。

ryuuikichisui【出典:国土交通省ホームページ】

県内の各流域における「流域治水プロジェクト」

一級水系

県内の一級水系(多摩川水系・鶴見川水系・相模川水系)の流域治水プロジェクトについては、国土交通省京浜河川事務所のホームページを参照ください。

二級水系

 県内の二級水系の流域治水プロジェクトについてはこちらをご覧ください。

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa