あなたのおうちに、太陽光発電を!

掲載日:2020年6月24日

jointpurchasezeroennsolar

皆さんも、太陽光発電設備の設置について、一度は考えたことがあるのではないでしょうか。
しかし、依然として、初期費用が高いことや、発電した電力の買取価格が低下したことなどにより、あきらめた方も多いのではないかと思います。

県では、そうした方に、改めて太陽光発電設備の設置を検討していただくため、二つの施策に取り組んでいます。

一つ目は、「共同購入事業」、二つ目は、「0円ソーラー」による設置です。

災害時の非常用電源としての活用や、地球温暖化の防止、電気代の節約にもなる太陽光発電設備の設置について、皆さん、もう一度考えてみませんか。

二つの施策

共同購入事業(購入して、設置したい方向け)

仕組み

県民の皆さんから太陽光発電設備の購入希望者を募り、一括して発注することで、スケールメリットを生かして、価格の低下を図ろうとするものです。

購入希望者が多いほど、価格が安くなることが期待できます。

特徴

・通常よりも安い費用で設置が可能

・太陽光で発電した電力は自宅で利用可能

・使い切れない電力は売電して、収入が得られる。

詳しくはこちらをクリック

0円ソーラー(初期費用0円で、設置したい方向け)

仕組み

事業者が初期費用を負担して、住宅に太陽光発電設備を設置し、発電した電力を住宅所有者等に販売することで初期費用を回収します。一定期間経過後(概ね10年後)は、設備が住宅所有者に無償譲渡されます。

特徴

・初期費用0円で設置が可能

・太陽光で発電した電力は事業者から買取

・一定期間経過後(概ね10年後)は、太陽光発電設備が無償で譲渡される。

詳しくはこちらをクリック

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa