城ヶ島のみどころ

掲載日:2021年4月23日

新型コロナウィルス感染症の影響により、掲載情報については、営業日時の変更や休止中の場合がありますので、ご了承ください。


県立城ケ島公園

城ケ島大橋を渡ってすぐ、県立城ケ島公園があります。

海を見渡すことのできる雄大な景観、海浜植物や野鳥が生息する貴重な自然海岸を含んだ自然環境が特徴です。

一年を通じて、海触崖と砂浜が混在する自然海岸や段丘状に広がるマツ林、季節により、海浜植物であるハマオモトやイソギクが観察できます。1月中旬頃から2月中旬頃に咲く八重咲水仙を鑑賞するため、毎年、多くの観光客が訪れます。

県指定天然記念物のウミウを観察できる生息地があります。

公園内のピクニック広場には2020年3月に建替えられた安房埼灯台があります。

県立城ケ島公園 (一社)三浦市観光協会(別ウィンドウで開きます)

神奈川県横須賀土木事務所 (城ケ島公園)(別ウィンドウで開きます)

ピクニック広場(画像)

ピクニック広場と安房埼灯台 八重咲水仙(画像)

八重咲水仙

ウミウ展望台からのながめ(画像)ウミウ展望台からのながめ

2つの灯台「恋する灯台」

城ヶ島には二つの灯台があり、一般社団法人日本ロマンチスト協会と日本財団が共同で実施するプロジェクトで「恋する灯台」に認定されています。

ロマンティックな二つの灯台は、城ヶ島に来たら必見のスポットです。

海と灯台プロジェクト 公式サイト(別ウィンドウで開きます)

安房埼(あわさき)灯台

城ヶ島の東側、城ケ島公園内にあります。

以前は波が打ち寄せる岩場にありましたが、老朽化のため、2020年にピクニック広場に場所を移して建て替えられました。

公募から選ばれた「とんがり屋根の灯台」のデザインは、野菜をモチーフにし、白・緑色のグラデーションがさわやかです。

島の東側に位置していますので、ここから見る朝日が綺麗です。

安房埼灯台(画像)

安房埼灯台

城ケ島灯台

城ヶ島の西側にあります。

明治時代にフランス人技術者ヴェルニーにより設計され、日本で5番目に点灯した洋式灯台です。大正時代に関東大震災で倒壊し再建されたため、現在の灯台は2代目になります。

島の西側に位置していますので、ここから見る夕日が綺麗です。

2019年5月1日に、城ケ島灯台にはトリックアートの日本初のラッピングがされ、写真映えする灯台として注目されています。隣の建物には「ペア灯台」になっている城ケ島灯台安房埼灯台がハートになった二つを結ぶハイキングコースを示した城ヶ島の地図があります。

城ヶ島灯台(画像)

城ケ島灯台

恋する灯台ペア灯台マップ(画像)

恋する灯台ペアマップ

トップへ

ハイキングコース

ハイキングコースは、約1.2キロで気楽に散策できる距離です。東側入口は城ケ島公園内、西側入口は城ヶ島灯台商店街付近です。1月から2月は八重咲水仙がハイキングコースを彩ります。

県指定天然記念物の渡り鳥ウミウの生息地が望めるウミウ展望台があります。

ハイキングコースの途中から磯に降りることができ、自然が作りだした見事な景観「馬の背洞門(うまのせどうもん)」を近くで見ることができます。地層の積み重なった岩が波の浸食でアーチ状になっています。城ヶ島を訪れたら必見のスポットです。

城ヶ島は地層の宝庫です。馬の背洞門の他、ハイキングコース付近の岩場など、島の多くの場所で地層が見られます。

島の南側の磯では、干潮時に潮溜まりができ、ウミウシなど色々な種類の海の生き物を観察することができます。磯釣りを楽しむ人の姿も見られます。

みはらし広場からのながめは絶景です。恋人たちをイメージしたモニュメントがあります。

夜になると、ハイキングコースの城ヶ島南側には、綺麗な星空が広がります。人口的な光が少なく天体観測に適しており、天の川が見えることもあります。初日の出や夕日も綺麗なスポットです。

ハイキングコース地図

 

恋する灯台モニュメント(画像)

みはらし広場のモニュメント

馬の背洞門(画像)

馬の背洞門

岩場のウミウ(画像)

ウミウ

トップへ

海上イケス釣堀

海上イケス釣堀です。天候次第では富士山も見える絶景のロケーションで、気軽に釣りを満喫することができます。

釣竿やエサはもちろん、持ち帰り用の箱まで用意されていますので、手ぶらで楽しむことができます。

渡船乗り場に隣接しています。

城ヶ島海上イケス釣堀 J’sフィッシング(別ウィンドウで開きます)

J’Sフィッシング画像

海上イケス釣堀

J’sフィッシング画像

大物が釣れるかも?

J’sフィッシング画像

家族連れにも人気

トップへ

城ケ島大橋・ビーチサイドバーベキュー

城ケ島大橋の近くの白秋記念館の隣で、ビーチサイドバーベキューができます。

三崎港より仕入れた自慢の食材や機材レンタルサービスを事前予約で利用することができますので、手ぶらでバーベキューが楽しめます。

城ヶ島の中にある城ヶ島漁協直販所では、バーベキューにぴったりのサザエ、ハマグリや、とれたての新鮮な魚介が揃っていますので、自分で食材を選ぶこともできます。

海上イケス釣堀J'sフィッシングで釣った真鯛やブリを、すぐにバーベキューで堪能できるのも城ヶ島ならではの楽しみ方です。

渡船乗り場に隣接しています。

BeachsideBBQビーチサイドバーべキュー 城ヶ島白秋碑苑(別ウィンドウで開きます)

バーベキュー画像ビーチサイドバーベキュー

城ヶ島大橋と砂浜(画像)

城ケ島大橋と砂浜

城ヶ島大橋ライトアップ(画像)城ケ島大橋ライトアップ(期間限定)

ボートダイビング、ビーチダイビングで三浦半島最南端の綺麗な海をお楽しみください。

相模湾と東京湾と黒潮の3つの潮が混じりあう場所で、様々な魚が楽しめる絶好のスポットです。

ダイビング画像
ビーチダイビング画像
ダイビング画像

城ヶ島ダイビング拠点

城ヶ島漁業協同組合とダイビング関係者が協力して、初心者にも優しいダイバー用のプール、夏でも冷えた体にはうれしい温水槽、おしゃれなウッドデッキを整備しました。ダイバーに優しいダイビング拠点です。

どこか懐かしさを感じる島の商店街です。

マグロ、サザエ、シラス等の新鮮な魚介類の美味しい食事がお手頃価格で楽しめます。城ヶ島ならではのお菓子・おみやげも購入できます

商店街の途中に城ケ島灯台への階段があります。

商店街を抜けると広々とした長津呂(ながとろ)の磯、ハイキングコースの入口が左側にあります。晴れていれば夕日と富士山が綺麗にみえます。

まぐろ丼(イメージ画像)

マグロ丼

磯の風景(画像)

長津呂の磯

三崎港うらり、海上イケス釣堀J'sフィッシング、白秋公園を周遊しています。

短い船旅ですが、船から見る風景は風情があります。

渡船「さんしろ」はレンタサイクルも追加料金なしで乗船できます。

渡船「さんしろ」・「白秋」、三崎港うらり(別ウィンドウで開きます)

渡船さんしろ(画像)

渡船「さんしろ」

渡船乗り場(画像)

渡船乗り場「白秋公園」

渡船乗り場(画像)

渡船乗り場「J'sフィッシング」