未病番長

掲載日:2020年6月25日

未病番長について

県では、子どもから高齢者まで、主体的に未病改善に取り組んでいただくため、ライフステージに応じた未病対策を進めています。
この取組をより一層進めるため、このたび、現役時代に横浜DeNAベイスターズの中心選手として活躍し、同チームの投手コーチである三浦大輔さんを「未病番長」に任命しました。三浦さんには、県民の皆様に未病改善の大切さを積極的に発信していただきます。

三浦大輔さんプロフィール

 miura_daisuke

横浜DeNAベイスターズ2020ファーム監督
1991年に大洋ホエールズ(現横浜DeNAベイスターズ)に入団し、チームの中心選手として活躍し続け、2016年に引退するまで横浜一筋を貫く。
1998年には12勝をあげ、リーグ優勝に貢献。
2005年には最優秀防御率・最多奪三振で二冠を獲得。
2016年には「プロ野球投手による安打最多連続年数(24年間連続)」でギネス記録に認定された。
2019年横浜DeNAベイスターズ投手コーチ
2020年より現職
愛称は「ハマの番長」

未病番長出演動画

動画タイトル

「未病番長」こと三浦大輔氏が解説~特定健診を受けよう~

内容

三浦さんが落語家の林家たい平さんと、特定健診のことをわかりやすくお伝えします。

令和元年度の取組

[未病番長トークイベント]
日時

令和元年11月30日(土曜日) 13時~14時
当日開催される「健康チャレンジフェアかながわ2019」のステージイベントの一つとして実施。

会場

クイーンズスクエア横浜1階 イベントスペース「クイーンズサークル」

トーク内容

テーマ「番長流 未病改善について」
三浦さんが日ごろ気をつけている「食」「運動」「社会参加」の取組を中心にお話いただきます。
三浦さんと金谷有希子さん(フリーアナウンサー・神奈川ME-BYOスタイルアンバサダー)との対談形式によるトークです。

 

未病番長就任式

日時:令和元年8月1日(木曜日)
場所:県庁第2応接室

shuninsiki
黒岩祐治知事より三浦さんに「未病番長」任命状をお渡ししました。三浦さんからは、「野球選手も調子が良いときもあれば悪いときもある。より良い方向に調子を整えるために、日ごろからトレーニングや体のメンテナンスを行ったり、食生活に気を付けており、未病改善の考え方と通じるところがある。県民の皆様が健康で元気に過ごせるように協力したい」と抱負をいただきました。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。