オフィス等を活用した未病改善

掲載日:2021年5月18日

横浜市立大学コミュニケーション・デザイン・センターと連携し、自然と「未病改善」に取り組めるような仕掛けの展開を行っています。

 

県庁舎を活用した未病改善プロジェクト(令和2年1月から3月)

Office Climbers(オフィス クライマーズ)

 エレベーターよりも階段を利用したくなる行動を引き出すため、階段の壁や踊り場に登山をイメージした自然の風景写真を装飾し、登山感覚で階段を登る環境を創出しました。

kaidan kaidan2

※クライマーズは神奈川県庁新庁舎1階~4階で実施中

 

Office Striders(オフィス ストライダーズ)

 自然に健康的な歩き方を身につけていただくため、廊下にデザイン化された歩幅等の装飾を施し、楽しみながら健康的な歩幅や歩く速度を体感できる環境を創出しました。

rouka

rouka2

 

資料 記者発表(県庁舎で未病改善のプロジェクトを試行!(令和2年1月23日))(PDF:809KB)

 

 

市町村における展開

Climbers(クライマーズ)

県内市町村と連携し、「クライマーズ」として様々な施設で展開しました。

相模原市 伊勢原市 厚木市
あじさい会館(相模原市) 中央公民館(伊勢原市) 保健福祉センター(厚木市)

 

Striders(ストライダーズ)

県内市町村と連携し、「ストライダーズ」として様々な施設で展開しました。

小田原市 茅ヶ崎市
小田原アリーナ(小田原市) 茅ヶ崎公園うみかぜテラス(茅ヶ崎市)

 

効果について

令和元年度(オフィスクライマーズ)

階段とエレベータの利用者の割合を、仕掛け実施場所の始点と終点に人を配置して目視によって計測したところ、仕掛けの実施前に比べ、実施後は階段を使う率が約1.5倍となるなど高まっており、より階段を使うという行動変容がみられています。

令和元年度結果

 

令和2年度(クライマーズ)

階段の通過者数をセンサーによって計測したところ、仕掛けの実施前に比べ、実施後は階段を通過した人のセンサーカウント数が約1.5倍になるなど、階段の利用率が高まっていることが推測されます。

令和2年度結果

 

 

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。