【青少年センター】青少年サポートプラザ

掲載日:2021年5月4日

サポプラトップバナー

青少年サポートプラザとは

ひきこもり、不登校、非行などで悩む方々をサポートしている民間団体の活動の支援スペースです。このページでは、支援スペースなどの施設案内のほか、支援に関するサポート情報を提供しています。

ひきこもりなどでお悩みの方は「神奈川県青少年相談支援情報サイト(ひきこもり・不登校等で悩んでいる方への情報)」をご覧ください。


掲載情報

最新情報


青少年サポートプラザ利用案内

活動室写真

ひきこもり、不登校、非行などで悩む方々をサポートしている民間団体の活動の支援スペースです。活動室など活動場所の貸し出しと、ひきこもり、不登校、非行など、青少年を取り巻く問題に関する情報コーナーがあります。ご利用は、情報コーナーの閲覧を除き、事前に団体登録が必要です。

詳しい情報が知りたい方は「青少年サポートプラザ利用案内」のページ(リンクをクリック)をご覧ください。

新型コロナウイルス感染拡大予防に関するお知らせ

青少年サポートプラザは、新型コロナウイルスの感染拡大の予防対策を実施の上、2020年9月1日(火曜日)から再開しています。
※現在、臨時休館中です。

ご利用にあたってのガイドラインを策定しました。青少年センターの「お知らせ基本情報」の「青少年センター(紅葉ケ丘)の感染拡大予防ガイドラインを改定しました。」をご参照ください。

掲載されているうち、青少年サポートプラザご利用の際は、主に以下が適用されます。

  • 全館共通

  • 青少年サポート課(青少年サポートプラザについて)

  • 管理課(エレベーター・トイレの利用について)

 皆様にはご不便をおかけしますが、ご理解をいただきますよう、お願い申し上げます。

 

  • 利用時間
新型コロナウイルス感染予防ガイドラインに基づき、当面の間、青少年サポートプラザの開館時間を以下の通りとさせていただきます。
活動室1
(活動室2は当面の間閉室)

(午前)9時から11時30分
(午後)14時から16時30分
※上記時間帯内ごと1団体で利用
(定員上限20名まで。同一団体による、午前午後の通し利用はできません。)

交流サロン
(情報コーナー、ロッカー、ワーキングコーナー)

(午前)9時から12時
(午後)13時30分から16時30分
※交流サロンは、打ち合わせ等の利用はできません。
各施設に定員を設定します。
ロッカー、ワーキングコーナーのご利用は、利用日前日16時30分までの事前電話予約制となります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 休館日 月曜日と年末年始(12月28日から翌年の1月4日まで)
  • お問い合わせ(電話) 045-263-4479 (直通)

団体の予約など施設利用の連絡先です。支援先探しの個別の相談や、活動室を利用した利用団体主催のイベントについてのお問い合わせにはお答えいたしかねます。ご了承ください。


スキルアップロゴスキルアップしたい

人材育成研修イメージ18歳から30歳まででフリースペース等に関心がある方を対象とした研修です。支援団体等で活動するための基礎を学びます。

 

 

スタッフ研修2ひきこもり・不登校・非行などの問題に取り組むNPOのスタッフ・ボランティアを対象に、支援者としての心構え、望ましい支援のあり方を考える研修です。

 

 

相談イメージ2ひきこもり・不登校・非行・・・様々な悩みを抱える子ども・若者への支援に携わる機関の相談員のスキルアップを目的とした研修です。

 

  • 各種研修(内閣府等)の情報研修ロゴ

募集があった時はこちらに掲載します。


交流ロゴ交流したい

フリフェス不登校・ひきこもり等の青少年や家族を支えるフリースクール・フリースペース等によるフェスティバルです。

 

 


支援ロゴ支援事業を実施したい

補助を受けたい

相談イメージ2フリースペース等が実施している相談事業に対する補助金です。

 

 

地域で事業を実施したい

セミナーイメージひきこもり青少年の親の会もしくは自助グループ又は支援団体等が企画する講演会・研修会等の事業を、神奈川県立青少年センターが協働して実施します。

 

 

演劇ロゴ舞台芸術の表現者(演出家・ダンサー等舞台表現を中心としたアーティスト)を協働団体等に派遣し、舞台芸術の手法を使ったワークショップを実施します。

 

事業を受託したい

  • 青少年センター地域相談事業委託ロゴ

相談イメージ「かながわ子ども・若者総合相談センター」が設置されている横浜市周辺以外の地域の相談の利便性を高めるため、NPOと協働で実施しています。

(現在は募集しておりません。)

グループワークイラストコミュニケーション・対人関係に悩む、社会経験が乏しいなどの理由で自信が持てない青少年(30歳代まで)を対象に支援団体と協働で体験の場など提供する事業です。

(現在は募集しておりません。)

 

 

協働ロゴ(協働事例)映像・メディアコンテンツ制作による青少年育成支援事業
(かながわボランタリー活動推進基金21による協働事業)

(協働相手方)NPO法人湘南市民メディアネットワーク

平成22年度から平成26年度までの5年間、NPO法人湘南市民メディアネットワークと県立青少年センターが協働で取り組んできた、かながわボランタリー活動推進基金21を活用した事業です。

県内のひきこもり等青少年支援団体と連携し、不登校・ひきこもり青少年を対象とした映像制作のワークショップを行い、青少年の社会参加への支援プログラムを作り上げました。

詳しくは、協働相手方ホームページをご覧ください。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。