ホーム > 産業・働く > 業種別情報 > 農業 > 農産物の上手な利用法(ふすま漬けの作り方)

更新日:2022年3月17日

ここから本文です。

農産物の上手な利用法(ふすま漬けの作り方)

「農産物の上手な利用法」のページでは、オープンラボで実験された農産加工実験や神奈川県農業技術センターの過去の研究成果を紹介しています。

作り方

 

(1)ダイコンを干す。

(2)干し上がったダイコンの葉と根を切る。

(3)一番上におく塩を取り分ける。
(4)塩、ふすま、ウコンを混ぜ合わせる。

(5)樽の底に(4)の塩ふすまふり、干しダイコンをすき間なく詰め、(4)の塩ふすまをふる。

(6)(5)を繰り返す。塩ふすまは下に少なく、上に多くふる。

(7)最上段に塩ふすまのせ、干葉(ひば)をすき間なくのせる。

(8)取り分けておいた(3)の塩を干葉の上にふる。

(9)押しぶたをのせ、重石をのせる。

(10)樽に覆いをして保存場所におく。


作り方のアドバイス

★ダイコンの詰め方

ダイコンの詰め方にはいろいろな詰め方があります。
直漬け(揃漬け) 十文字漬け(井桁漬け) サンマ漬け
車漬け 直漬け+十文字漬け
いずれの詰め方にしても、容器とダイコンの形状を考慮して、なるべくすき間が少なくなるようにダイコンを容器の八分目まで詰めてください。
容器に山盛りにして、漬け込んでもダイコンは萎んで、容器の中に収まっていきますが、漬け水は容器からこぼれ出てしまいます。

★漬け水

長期漬けでは常に漬け水が押し蓋の上に上がっていなければいけません。
空気に触れたダイコンは黒褐色に変色するばかりでなく、香や味も悪くなってしまいます。

ふすま漬けの材料へ
農産物の上手な利用法へ戻る

このページに関するお問い合わせ先

生産環境部(品質機能研究課)
電話 0463-58-0333 内線344から345

このページの所管所属は 農業技術センターです。