ホーム > 電子県庁・県政運営・県勢 > 県政情報 > 総合計画 > かながわのSDGs(持続可能な開発目標)への取組み > 黒岩知事が「第3回パリ協定とSDGsのシナジー強化に関する国際会議」に登壇

更新日:2022年7月29日

ここから本文です。

黒岩知事が「第3回パリ協定とSDGsのシナジー強化に関する国際会議」に登壇

黒岩知事が「第3回パリ協定とSDGsのシナジー強化に関する国際会議」のハイレベルセグメントに登壇しました。

会議について

 「第3回パリ協定とSDGsのシナジー強化に関する国際会議」(国連経済社会局(UNDESA)及び国連気候変動枠組条約(UNFCCC)事務局共催、環境省ホスト、国際連合大学(UNU)及び地球環境戦略研究機関(IGES)協力)は2022年7月20日~21日に日本で開催され、世界各国からオンラインを含め2,000名以上が参加しました。

 会議では、パリ協定の目標達成に向けた実施の促進と、同時にSDGsの様々なゴールの達成につながる相乗効果(シナジー)のある行動を加速するため、各国及び様々なステークホルダーの効果的な取組事例等に基づき議論が行われました。

※会議の様子は公式サイト(https://www.un.org/en/climate-sdgs-conference-2022(別ウィンドウで開きます))でアーカイブをご覧いただけます。 

知事の登壇について

 黒岩知事はハイレベルセグメントに登壇し、 山口環境大臣、モハメッド国連副事務総長などの挨拶に続き、気候変動とSDGsという2つの重要な課題に向き合う視点として、支え合い、笑いがあふれ、一人ひとりのいのちが輝く社会「Vibrant INOCHI」(いのち輝く)を目指すことの重要性を発信しました。
 

Vibrant Inochi

 気候変動とその他の課題を別々に捉えるのではなく、一人ひとりの「いのち」を輝かせるため、「医療」だけでなく、「食」「エネルギー」、そしてそれらを支える持続可能な地球環境、全てを融合して考えることが重要であり、まさにシナジーに基づく取組です。

 そして、最後に、「ミッション、パッション、アクションで、ともに世界を、そして未来を変えていきましょう!」と世界に向けて呼び掛けました。

このページに関するお問い合わせ先

このページの所管所属は政策局 いのち・未来戦略本部室です。