認定企業等の取組事例(中外製薬株式会社 鎌倉研究所)

掲載日:2021年6月22日

中外製薬

認定企業等の概要

企業・団体名

中外製薬株式会社 鎌倉研究所

所在地      

神奈川県鎌倉市梶原200

事業概要

医薬品の研究

ホームページ https://www.chugai-pharm.co.jp/index.html
認定日 令和3年6月2日

認定企業等の取組

現在契約している
再エネ電力プラン名
(小売電気事業者名)

アクアプレミアム

(東京電力エナジーパートナー株式会社)

再エネ率 76%
推定年間電力使用量

14,694,000kWhのうち再エネ電力は11,146,000kWh

切り替えたきっかけ

中外製薬グループは、気候変動を地球環境保全のための重大な課題の一つと考え、GHG排出量の削減に取り組んでいます。その取り組みのひとつとして、2020年から使用電力のサステナブル電力への変換を推進し、2025年にはサステナブル電力使用率100%を目標としたことがきっかけです。

切り替えにあたっての課題 再エネ電力の安定供給
切り替え後の変化
(メリット等)

コストの変化

環境付加価値分の増加

その他のPR事項

中外製薬グループでは、企業の持続的発展のみではなく、地域社会、地球全体の環境保全を目指し、取り組むべき重点項目、中長期目標を設定し、全社的な取り組みとして推進しています。

環境課題分析や社会からの期待・要望の変化を踏まえ、2021年には、より長期視点かつ包括的な「中期環境目標2030」を策定しました。気候変動対策(地球温暖化防止)、循環型資源利用(省資源・廃棄物対策)、生物多様性保全(環境負荷低減)を重点課題とした10項目を設定し、持続可能な地球環境の実現に貢献します。

さらに、長期的かつ大規模な対策が必要となる気候変動対策については、2050年を最終年とした長期目標としてCO2排出量ゼロを目指します。

【令和3年6月掲載】 

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa