コンビナート事業所及び特定事業所における保安設備の地震・津波対策に係る実態調査

掲載日:2020年5月21日

コンビナート事業所及び特定事業所における保安設備の地震・津波対策に係る実態調査

 神奈川県は、京浜臨海部に石油・化学・鉄鋼等の基幹産業が立地したコンビナートを形成し、大規模な高圧ガス施設等を抱えた事業所が多く存在します。各事業所が、大規模地震災害(高圧ガスの大量漏えい、爆発火災等)の対策を実施している中で、保安設備(※)等の地震・津波対策については、課題として共有するにとどまっています。

 そこで、事業所の保安設備の地震・津波対策に係る自主保安の推進に資することを目的として、2018年度から2019年度にかけて、(一社)神奈川県高圧ガス保安協会に、保安設備の地震・津波対策の実態調査及び対策事例の収集を委託し、その成果として次のとおり取りまとめました。

 各事業所におかれましては、この調査報告書を参考として、想定される災害の規模や設備の実情に合わせ、保安設備の対策検討にお役立てください。

調査報告書のダウンロード

2018年度

 コンビナート事業所及び特定事業所における保安設備の地震・津波対策に係る実態調査報告書(2018年度)(PDF:2,467KB)

2019年度

 コンビナート事業所及び特定事業所における保安設備の地震・津波対策に係る実態調査報告書(2019年度)(PDF:5,666KB)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa