パスポートセンターのトップページ

戸籍謄本・戸籍抄本

戸籍謄本・戸籍抄本は、本籍地の市区町村でしか発行されません。本籍地が遠隔地等の場合は、早目にお取り寄せされることをおすすめします。

発行から6ヶ月以内のものが必要です

次にあてはまる方は、発行から6ヶ月以内の戸籍謄本または戸籍抄本が必要です。

注意事項

  • 戸籍事務がコンピュータ化された市区町村では、戸籍謄本・戸籍抄本に代わって「戸籍の個人事項証明書」や「戸籍の全部事項証明書」が発行されます。
    戸籍については、市町村の戸籍担当課にご確認ください。
  • 転籍や結婚等をする場合
    転籍届や婚姻届等の提出から新戸籍の編製までには、日数がかかります。この間は、戸籍謄本または戸籍抄本が発行されません。
  • 婚姻等により氏名や本籍の都道府県が変わる方へ
    原則として、新しい戸籍ができてから申請してください。
    婚姻後、新戸籍の編成が間に合わない場合は、「婚姻後の新しい戸籍の編成が間に合わない場合」をご覧ください。

切替申請をする方へ(現在お持ちのパスポートが有効中の方)

有効中のパスポートをお持ちで、氏名や本籍の都道府県等に変更のない場合は、戸籍謄本・戸籍抄本の提出は省略できます。
ただし、申請書には本籍地の都道府県だけでなく、本籍地の番地まで記入する必要がありますので、事前にご自分の本籍地の確認をしてください。
未成年の方、一時帰国の方、外国の氏名等を別名として併記を希望される方等については、確認のため戸籍謄本・戸籍抄本が必要となる場合がありますので、事前にパスポートセンターにご相談ください。

このページの先頭に戻る

家族で同時に新規申請・切替申請・記載事項変更申請をする場合

一緒に申請をする方全員が記載されていれば、戸籍謄本または戸籍抄本は家族で1通あれば申請ができます。
ただし、出張窓口の申請で、家族内で異なる受取場所を指定する場合は、それぞれに戸籍謄本または戸籍抄本が必要です。

このページの先頭に戻る

婚姻後の新しい戸籍の編成が間に合わない場合

婚姻届を提出してから新しい戸籍ができるまでに日数がかかります。パスポートの申請には新しい戸籍が必要ですので、原則として新しい戸籍ができてから申請してください。
ただし、渡航日が迫っていて、新しい戸籍ができてから申請したのでは間に合わない場合には、新しい戸籍謄本または戸籍抄本をパスポートの受取の際に提出することを条件に「婚姻届受理証明書」で申請できます。
なお、外国人と婚姻し、外国の姓に変更する場合は、「婚姻届受理証明書」に加えて「氏の変更届受理証明書」も必要になります。
この手続ができるのは、本人申請と配偶者または二親等以内の親族の代理提出に限られますのでご注意ください。

このページの先頭に戻る

お問い合わせの前に
みなさまからよくいただくご質問を掲載しています。お問い合わせの前に是非ご覧ください。 よくあるご質問
お問い合わせは電話案内センターへ
電話:045-222-0022
※横浜市外からお掛けの方は、市外局番045をお忘れなくお願いします。
電話受付時間
月曜日・木曜日・金曜日・日曜日は、9時から17時まで。
火曜日・水曜日は、9時から19時まで。
休業日
土曜日・祝休日・年末年始(曜日にかかわらず12月29日から1月3日まで)
日曜日が祝日と重なる場合は電話受付していますが、年末年始の日曜日は休業です。
電話以外でのお問い合わせ
メールでのご質問は、パスポートの申請・受取手続等に関するお問い合わせフォームへ。
FAXでのご質問は、045-211-1251 にお問い合わせください。

このページの先頭に戻る