パスポートセンターのトップページ

更新日

戸籍謄本・戸籍抄本

戸籍謄本・戸籍抄本は、本籍の市区町村でしか発行されません。本籍が遠隔地等の場合は、早目にお取り寄せされることをおすすめします。
戸籍事務が電算化された市区町村では、戸籍謄本は「戸籍全部事項証明書」、戸籍抄本は「戸籍個人事項証明書」が発行されます。名称は違いますが戸籍としては同じものです。「改製原戸籍」や「戸籍の附票」では申請できませんので、ご注意ください。
戸籍については、市区町村の戸籍担当課にご確認ください。

戸籍謄本または戸籍抄本が必要な方

次にあてはまる方は、申請日前6ヶ月以内に発行された戸籍謄本または戸籍抄本が必要です。

  • 家族で同時に申請する場合は、「家族で同時に新規申請・切替申請・記載事項変更申請をする場合」をご覧ください。
  • 婚姻等により氏名や本籍の都道府県が変わる方へ
    婚姻、離婚、養子縁組、養子離縁等の届出から新戸籍の編製までには、日数がかかります。この間は、戸籍謄本または戸籍抄本が発行されません。
    パスポートの申請には新しい戸籍が必要ですので、原則として新しい戸籍ができてから申請してください。
    新しい戸籍ができてから申請したのでは間に合わない場合は、「新しい戸籍の編成が間に合わない場合」をご覧ください。

切替申請をする方へ
(現在お持ちのパスポートが有効中の方)

有効中のパスポートをお持ちで、氏名や本籍の都道府県等に変更のない場合は、戸籍謄本・戸籍抄本の提出は省略できます。
ただし、申請書の本籍欄は、都道府県のほか市郡以下番地まで記入する必要がありますので、本籍をご確認の上、申請にお越しください。
外国姓等で新たに別名併記を希望される方や法定代理人が親権者以外の未成年の方等は、確認のため戸籍謄本・戸籍抄本が必要となる場合がありますので、事前にパスポートセンターにご相談ください。

家族で同時に新規申請・切替申請・記載事項変更申請をする場合

同一戸籍内のご家族の方が同時に申請する場合、一緒に申請する方全員が記載されている戸籍謄本または戸籍抄本1通で申請することができます。

新しい戸籍の編成が間に合わない場合

婚姻、離婚、養子縁組、養子離縁等の届出をしてから新しい戸籍ができるまでに日数がかかります。パスポートの申請には新しい戸籍が必要ですので、原則として新しい戸籍ができてから申請してください。
ただし、新しい戸籍ができてから申請したのでは間に合わない場合には、新しい戸籍謄本または戸籍抄本をパスポートの受取の際に提出することを条件に、申請者の新しい氏名、性別(続柄)、生年月日、本籍が確認できる「受理証明書」で申請できます。
なお、外国人との婚姻により外国の姓に変更する場合は、「受理証明書」に加えて「氏の変更届受理証明書」も必要になります。くわしくは、パスポートセンターにご相談ください。
この手続ができるのは、本人申請と配偶者または二親等以内の親族の代理提出に限られますのでご注意ください。