パスポートセンターのトップページ

切替申請

有効中のパスポートを、下記の理由により新たなパスポートに作り替えます。
そのため、現在お持ちのパスポートは、有効中であっても失効させますので、使えなくなります。

次にあてはまる方が対象になります

現在お持ちのパスポートが有効中で、

注意事項

  • 有効中のパスポートの残りの有効期間(残存有効期間)は、切り捨てになります。
  • 旅券番号は新たなものになります。
  • 新たな旅券を受け取るまで、渡航はできません。
  • 有効中の査証(ビザ)が無効になる場合があります。事前に各国の在日大使館等にお問い合わせください。
  • 査証欄を40ページ分増やす「増補」という方法が、1つのパスポートで1回だけ可能です。
    その場合は、有効中のパスポートをそのままお使いいただけます。
    くわしくは、増補申請をご覧ください。
  • 現在お持ちのパスポートの残存有効期間にご注意ください。
  • 有効中のパスポートをお持ちで、氏名や本籍の都道府県等に変更のない場合は、戸籍謄本・戸籍抄本の提出は省略できます。
    ただし、申請書には本籍地の都道府県だけでなく、本籍地の番地まで記入する必要がありますので、事前にご自分の本籍地の確認をしてください。

長期滞在を予定している方へ

就労や留学目的などで査証(ビザ)を取得するにあたり、パスポートの残存有効期間が不足する場合は、必要な書類がそろえば、パスポートの残存有効期間が1年以上残っていても切替申請ができます。

就労や留学目的以外の場合などは、事前にパスポートセンターにご相談ください。

このページの先頭に戻る

現在お持ちのパスポートの残存有効期間をご確認ください

観光目的等の短期間の滞在で、査証(ビザ)不要の場合でも、入国の条件が「パスポートに一定以上の有効期間が残っていること」という国があります。3ヶ月から6ヶ月程度の場合が多いようです。
海外旅行を計画する際には、その国に渡航するために必要なパスポートの残存有効期間を確認し、必要ならばパスポートの切替申請をしてください。
諸外国の出入国管理については、国ごとに政策が異なること、国際政治情勢や内政事情等により予告なしに突然変更されることがあります。渡航先の国の最新情報については、各国の在日大使館等に確認されることをおすすめします。

このページの先頭に戻る

申請に必要な書類等

申請には、事前に次の書類等をそろえていただく必要があります。
それぞれ決まりがありますので、くわしい説明を必ずお読みになり、お間違えのないようご確認ください。
ご自身の状況により、更に書類が必要になる場合がありますので、必ずページの最後までご覧ください。

一般旅券発給申請書
(新規・切替用)
(1通)
くわしい説明を読む
6ヶ月以内に撮影した
パスポート用写真
(1葉)
くわしい説明を読む
有効中のパスポート
くわしい説明は下へ
発行から6ヶ月以内の戸籍抄本等
(旅券記載事項変更の場合)
くわしい説明を読む
手数料は受取の際に
必要です
手数料のページへ

このページの先頭に戻る

その他の書類が必要になる場合

次のように特別な場合は、上記の書類以外にも必要な書類があります。必ずご確認ください。

このページの先頭に戻る

有効中のパスポート

お持ちの有効中のパスポートを返納していただかないと申請はできません。必ず忘れずにお持ちください。
返納していただいたパスポートは、無効化させる穴あけ処理をしてお返しします。

このページの先頭に戻る

参考までに

このページの先頭に戻る

お問い合わせの前に
みなさまからよくいただくご質問を掲載しています。お問い合わせの前に是非ご覧ください。 よくあるご質問
お問い合わせは電話案内センターへ
電話:045-222-0022
※横浜市外からお掛けの方は、市外局番045をお忘れなくお願いします。
電話受付時間
月曜日・木曜日・金曜日・日曜日は、9時から17時まで。
火曜日・水曜日は、9時から19時まで。
休業日
土曜日・祝休日・年末年始(曜日にかかわらず12月29日から1月3日まで)
日曜日が祝日と重なる場合は電話受付していますが、年末年始の日曜日は休業です。
電話以外でのお問い合わせ
メールでのご質問は、パスポートの申請・受取手続等に関するお問い合わせフォームへ。
FAXでのご質問は、045-211-1251 にお問い合わせください。

このページの先頭に戻る

サイトポリシー | Copyright © 1995- Kanagawa Prefectural Government. All rights reserved.