水源の森林づくり事業

掲載日:2019年5月31日

事業内容

かながわの森林は、これまで木材生産などの林業活動を通じて守り育てられてきました。

スギ・ヒノキの人工林は、家の柱や土台などの建築用木材として、また、広葉樹は、炭や薪、紙パルプなどの材料として利用することにより守り育てられてきました。

しかし、私たちの生活様式の変化や安い外材の輸入により、家庭燃料が薪から石油・ガスに、また、家屋も木材中心から新建材などに変わったことによって、森林を活用することが少なくなり、手入れの行き届かない森林が増加しています。手入れの行き届かない森林の中は真っ暗で、土が流れ出し、動植物の数が大変少なくなっています。このまま放っておくと森林はますます荒廃し、水をたくわえる働きなど森林の持つさまざまな働きが損なわれる心配があります。

かながわ水源の森林づくりでは・・・

危機的状況にある水源地域の森林を健康な状態に保ち、次の世代に引き継いでいくために、多彩で活力ある森林づくりに取り組んでいます。

水源の森林づくりシンボルマーク

水源林のシンボルマークの写真

かながわ水源の森林づくりのページ

森林整備例

手入れの行き届いたヒノキ林

手入れの行き届いたヒノキ林の写真

手入れのされていないヒノキ林

手入れのされていないヒノキ林の写真

本文ここで終了