「かながわプラごみゼロ宣言」賛同企業等の募集

掲載日:2019年3月20日

募集画像

趣旨

 この取組は、「かながわプラごみゼロ宣言」に賛同し、自らもプラごみゼロに向けた具体的な行動に取り組む企業・団体・学校(以下「賛同企業等」という。)を募集することにより、県と賛同企業等の連携を促進し、プラごみゼロに向けた取組の輪を広めていくことを目的としています。

応募方法等

1 募集対象

次の要件を満たす企業・団体・学校

1.「かながわプラごみゼロ宣言」に賛同し、プラごみゼロに向けた自らの具体的な取組を複数宣言し、実行すること

2.「マイエコ10(てん)宣言 プラごみゼロ宣言バージョン」を宣言すること

3.県内に本店、事業所等の活動拠点があること

4.プラごみゼロに向けた取組を企業・団体・学校のホームページ等で広く発信すること

2 募集期間

随時募集しています。

3 応募方法

募集要項をお読みいただき、賛同書を郵送又は持参してください。

賛同企業等と県との連携

  • 県は、賛同企業等の具体的な取組を県のホームページで紹介します。
  • 県は、ロゴマークの提供及び登録証を発行しますので、賛同企業等は、名刺、ホームページ、啓発グッズなどで使用できます。
  • 県及び賛同企業等は相互にプラごみ問題に関する情報の提供を行います。
  • その他にも、プラごみ削減に向けて連携します。
  • 環境省「プラスチックスマート」とも連携し、情報共有します。

登録証授与式

2019年2月12日(火曜日)に、「かながわプラごみゼロ宣言」賛同企業等登録証授与式を行い、早期に「かながわプラごみゼロ宣言」に賛同いただいた94の企業・団体・学校のうち、式に出席いただいた56の代表者の皆さんに登録証をお渡ししました。

詳しくは下記のホームページをご覧ください。

http://www.pref.kanagawa.jp/chiji/photolog/2018/0212.html

賛同企業等の取組

企業の取組団体の取組学校の取組

企業の取組

あ行】【か行】【さ行】【た行】【な行】【は行】【ま行】【や行】【ら行】【わ行】

あ行

株式会社阿賀野商事

○「分別リサイクル」の推奨
弊社は廃棄物収集運搬業者として、混合廃棄物として処理をしてしまうのではなく、資源化・ゴミの減量化をはかるためプラスチック類を正しく分別し回収する取り組み「分別リサイクル」を取引先にも推奨をしていきます。

○マイバック・マイボトル・マイカップ持参の推奨
・マイバックを持参し、レジ袋の利用を控えてプラスチックごみを削減します。
・マイボトル・マイカップを持参・使用して、ペットボトルごみを削減します。

朝日オフセット印刷株式会社

朝日オフセット印刷

○LIMEXの利用促進のための取り組み
木を使わず、水をほぼ使用しない、また石油を大幅に削減できるLIMEXは、紙やプラスチックの代替品となります。このLIMEXの普及を進め、「本業を通じて」の地球環境保全への取り組みを積極的に行います。

○アップサイクルやリサイクルに積極的に取り組みます
LIMEXを含む、紙・金属・プラスチック類を正しく分別し、回収する取り組みに積極的に参加し、「つくる責任 つかう責任」を果たしていく取り組みを行います。

アンリツ株式会社

アンリツ

○河川の清掃活動への参加や、事業所周辺の定期的なクリーン活動を実施し、河川や海洋にプラスチックごみが流れ込まないようにします。

○社内情報誌やイントラネット等を活用して、プラごみゼロの啓発を全従業員に実施します。

ウォータースタンド株式会社

ウォータースタンド

○ペットボトルごみ削減を目的に全従業員へマイボトルを配布しました。
また、ステークホルダーの皆様へもマイボトルを提供し、一丸となってプラスチックごみの削減に取り組んでいます。

○全事業所の自動販売機からペットボトル飲料をなくし、全てを缶飲料に切り替えました。
マイボトル配布と並行して行うことにより、社内におけるペットボトル消費が削減されました。

株式会社エステック

エステック

○昭和電線グループの一員として、また川崎にある会社として神奈川県と共に持続可能な社会を目指すSDGsの取組に参画します。

○社内での日用品からお客様へご提供する商品まで、プラスチック素材や部品の使用を減らし、プラごみの削減を目指します。

株式会社大川印刷

大川印刷

○社内に「ゼロ・エミッション」推進チームを組織し、事業活動によって排出されるプラごみは県の分別ルールに従って処理しています。プラごみ、古紙、可燃ごみと徹底した分別を行なう事でプラごみのリサイクル化に取り組んでいます。

○暑気払い、納会などの社内行事で使用する食器に「リユース食器」を使用し、ワンウェイ(=使い捨て)プラ製品の削減に努めています。

か行

鹿島建設株式会社横浜支店

 

○分別とリサイクルのさらなる推進
・現場や事業所内で発生するプラごみは、ルールに従って分別し適正に処理します。
・メーカーや産業廃棄物処理業者と連携し、プラごみのリサイクルを推進します。

○プラごみ削減への積極的の呼びかけ
・協力会社(専門工事会社)やメーカーに資機材納入時のプラ製梱包材を削減するよう依頼します。
・社員の家族や友人に神奈川県の取り組みを広く説明しプラごみを減らすよう呼びかけます。

キリンビール株式会社横浜工場

キリン

資源循環100%社会の実現を目指して

○企業活動から出るプラごみをすべてリサイクル(マテリアルリサイクル及びサーマルリサイクル)することにより、プラごみ削減に取り組みます。

○工場周辺や鶴見川流域における美化活動を実施することにより、プラごみ削減に取り組みます。

株式会社グーン

グーン

○本社工場の周辺の定期清掃を1カ月に1度社員参加型で実施し、プラスチック類の収集物は燃料化し再利用を促進、また風化等による海洋への流入を防ぎます。

○PETボトルキャップを協力企業と分別集荷し、その販売対価をワクチンに変え途上国の子供に送る活動を通して、プラスチックの再利用を促進します。さらに学校や民間施設等での取組説明を通して、子供や一般の方へ再利用の重要性を伝えます。

株式会社クレハ環境ウェステックかながわ

クレハ

○ウェステックかながわの従業員に対して環境学習を行います。
プラごみ削減に努めるようメール配信での周知、事業部内に啓発ポスターの掲示等。

○展示会への来場者や、工場見学者にパンフレット等をお渡しする際は、プラスチック製の袋は使用せず、再生紙を使用した袋に入れてお渡しします。

株式会社グローバルテクノス

グローバルテクノス

○弊社事務所では、ご来客の方に飲料をお出しする際、プラスチックの使い捨てコップを用いて、ご提供させていただいておりました。
今後は、陶磁器製のコップを使用し、プラスチックコップの使用を中止いたします。

○弊社の従業員が、コンビニエンスストアで買い物をする際、コンビニ袋にて商品を持ち帰っていました。
今後は、エコバックを用いて商品を持ち帰ることとし、コンビニ袋の提供を拒否し使い捨てプラ袋の使用を禁止致しました。

合同資源サービス株式会社

合同資源

○社内において環境委員会を発足し、定期的にプラごみについての勉強会を実施し、社員の参画意識を醸成させるとともに、まず社内へのプラ包装製品の持込を減らすことをから始めます。

○現在社内で使用しているプラ製のごみ袋を洗い出し、可能なものから紙製のゴミ袋に変更していくとともに、不可能なものについてはリユースすることで全体の排出量を減らす取り組みを検討し実施します。

さ行

株式会社シゲン

シゲン

○産業廃棄物処理業者として、排出事業先での廃棄物分別の提案を更に強化することで、より多くの廃プラスチック類がリサイクルできるように取り組みます!

○中間処分場((株)シゲンリサイクル広場in横浜)へ搬入された廃棄物についても、再度、分別を徹底し、多くの廃プラスチック類がリサイクルできるように取り組みます!

昭和電線ケーブルシステム株式会社海老名工場

○昭和電線グループの一員として「かながわプラごみゼロ宣言」に賛同し、10個の行動メニューを従業員に周知し、実践するよう啓蒙します。

○作業ロスを減らすことにより、プラスチック屑の削減に努めます。

昭和電線ケーブルシステム株式会社相模原事業所

昭和電線ケーブルシステムズ

○弊社では、昭和電線グループの一員として『かながわプラゴミゼロ宣言』に賛同し、製造不良、製品ロスを削減してプラスチックくずの発生抑制に努めるとともにプラスチックくずもできるだけ分別し、リサイクルに努めます。

○また、製品設計において材料(特にプラスチック材料)の減量に努めます。(環境貢献製品の拡大)

新江ノ島水族館

江ノ島水族館

○2009年より行っている環境に対する取り組み「えのすいeco」の活動を更に推進します。
・ビーチクリーン活動
・ペットボトルのキャップ回収活動
・ゴミを無くす、減らす、有効活用する3R活動

○2019年4月より、プラスチックごみの削減に積極的に取り組みます。
・ビニール袋、プラスチック製のストロー、フォトフレームを段階的に廃止

スマートコミュニティー株式会社

スマートコミュニティ

○本社工場の周辺の定期清掃を1カ月に1度社員参加型で実施し、プラスチック類の収集物は燃料化し再利用を促進、また風化等による海洋への流入を防ぎます。

○PETボトルキャップを協力企業と分別集荷し、その販売対価をワクチンに変え途上国の子供に送る活動を通して、プラスチックの再利用を促進します。さらに学校や民間施設等での取組説明を通して、子供や一般の方へ再利用の重要性を伝えます。

住友林業株式会社 住宅・建築事業本部
横浜支店、横浜北支店、神奈川西支店、湘南支店、東京南支店

住林

〇プラごみに関する環境教育の実施
従業員へのプラスチックごみに関する環境教育を実施していきます。
プラスチック類の発生抑制、分別の徹底、リサイクルについて周知し、行動メニューを実践するよう啓蒙します。

〇ビーチクリーン等ゴミ拾いイベントの継続開催
湘南海岸において、ビーチクリーン活動を協力会社と共に行い、
海に流れるプラごみの削減に取り組みます。

ソニー株式会社厚木テクノロジーセンター

ソニー

○神奈川県主催の相模川クリーンアップキャンペーンへ社員募集を行い企業として参加し、海に流れるプラごみの削減に取り組みます。

○来客者向けプラスティックカップを紙コップに変更すると共にストローを廃止。
事業所内の店舗と協力し、マイボトル、マイバックによる特典を設け、社員への啓発を推進する。

ソニー株式会社湘南テクノロジーセンター

ソニー

○藤沢市・(公財)かながわ海岸美化財団主催のごみゼロクリーンキャンペーンへ社員募集を行い企業として参加し、海に流れるプラごみの削減に取り組みます。

○食品自動販売機に設置しているレジ袋を廃止。
事業所内の店舗と協力し、マイボトルによる特典を設け、社員への啓発を推進すると共にプラスチック製ストロー使用の抑制を図る。

た行

中央カンセー株式会社

中央カンセー

○事業として行っている廃プラスチック類のリサイクル処理(サーマル・マテリアル)を推進し、リサイクルされることなく廃棄されるプラごみの削減に取り組みます。

○事業所周辺の美化活動(ごみ拾い)を定期的に行い、周辺環境のプラごみの削減に取り組みます。

東京電力エナジーパートナー株式会社南関東支店

○会社PR用品としてエコバッグを採用
当社が営業関係でお客さまにお渡しするPR用品の1品目として「エコバッグ」を採用し、買い物等に利用するビニール袋の削減に取り組んでいます。

○プラスチック製オフィス用品の計画発注
オフィスで利用する文具等について、不要なプラスチックごみが発生しないよう計画的な発注の実施を広く社員に周知し取り組む。

東京電力パワーグリッド株式会社神奈川総支社

東京電力パワーグリッド

○プラごみ・紙ごみ・金属類・複合製品等の区分や注意点について、収集場所にわかりやすく掲示することで、県内全24事業所において発生するごみの分別を徹底します。

○「マイエコ10宣言(プラごみゼロ宣言バージョン)」の内容について、事業所内への掲示や周知を行い、社員のプラごみゼロに対する意識の向上を図ります。

な行

日本郵便株式会社南関東支社

日本郵便

南関東支社社屋内で、下記の取組を行います。

○マイバッグ、マイボトル、マイカップ持参の奨励
 ・マイバッグを持参し、レジ袋の利用を控えます。
 ・マイボトル・マイカップを持参し、ペットボトルごみを削減します。

○食堂の積極的利用、お弁当持参の推奨
 ・食堂の利用やお弁当を持参することで、空き容器等のプラごみを削減します。

は行

株式会社ファンケル

ファンケル

○店舗のレジ袋と、製品のプラスチック使用量を削減します。
皆様にプラスチック量の少ない製品を、ご使用いただけるよう、環境配慮のサービス・製品開発を推進します。

○持続可能な社会の実現に責任を担う企業として、洗い流しのスクラブ製品における「マイクロプラスチックビーズ」を使用いたしません。

冨士電線株式会社伊勢原工場

冨士電線

○「プラごみゼロ宣言」の10個の行動メニューを全従業員に周知し、実践するよう啓蒙します。

○昭和電線グループの一員として、持続可能な社会を目指すSDGsの取り組みを推進するために、プラごみの海洋汚染に関する環境教育および啓蒙活動を実施します。

ま行

三井住友建設株式会社

三井住友

○湘南海岸においてビーチクリーン活動に参加し、海洋プラスチックごみの問題に関する理解を深めます。

○建設工事におけるプラスチックごみのリサイクルと削減に努めます。
・現場や事務所内で発生するプラスチックごみの分別を徹底します。
・資機材を納入する全ての取引先へ、納入時の無梱包化・リサイクル梱包化・簡易梱包化に努めるよう文書で要請します。

三菱ケミカルハイテクニカ株式会社

○廃棄物に関する教育の実施
廃棄物に関する講習会を開催し、プラごみを含む廃棄物の分別やリサイクル、削減への取組必要性を普及します。

○地域清掃への参加
酒匂川の一斉清掃『クリーンさかわ』や通勤経路清掃に取組みます。

三菱電機株式会社鎌倉製作所

三菱電機

○三菱電機株式会社鎌倉製作所は、弊社創立100周年の2021年を目標年とした「環境ビジョン2021」の中で、循環型社会形成に向けた取組みを行っております。

○資源分別の徹底や再資源化を推進し、地域と連携してプラごみゼロに向けて取組みます。

や行

株式会社横浜銀行

 横浜銀行

 

○横浜銀行はSDGsの達成に向けて、地域社会の発展に貢献していきます。

○横浜銀行本店ビル内の喫茶において、プラスチック製ストロー・マドラーを廃止し、代替品(生分解性ストロー・紙ストロー・紙マドラー)を提供しているほか、本店ビル内売店において、レジ袋を原則として廃止し、希望があった場合にのみ提供しています。

横浜振興株式会社

横浜振興

○プラスチックストローの順次廃止
横浜銀行本店内喫茶「シーガル」においてプラスチックストローの提供を順次廃止し、紙ストロー等へ切り替えを行っていきます。

○レジ袋の順次廃止
横浜銀行本店内売店「はまなす」においてレジ袋の提供を順次廃止し、マイバックを持参していたいただくように広報を行っていきます。

 【ら行

株式会社リビエラリゾート

○リビエラ逗子マリーナ、リビエラシーボニアマリーナ内のレストラン、ブライダル、パーティ、マリーナにおいてプラスチック製ストローの使用を全廃止し、リサイクルしにくいプラごみの削減を目指します。

○毎月、社員によるビーチクリーン活動を開催。一般の方にも参加を募り、美しい自然を守る心を広げていきます。

株式会社ロジス・ワークス(昭和電線グループ)

ロジスワークス

○昭和電線グループの物流会社として「かながわプラごみゼロ宣言」に賛同し、行動メニューを従業員に実践するよう周知し、プラごみ削減に取り組みます。

○ペットボトルは、回収箱を設置して100%回収するよう努めます。

団体の取組

一般社団法人サーフライダーファウンデーションジャパン

サーフライダーファウンデーション

○海を守る国際環境NGOとして、海洋プラごみ問題解決へ向けて世界的な動向を情報共有しながら、かながわプラごみゼロ宣言賛同企業と共に様々な活動を展開します。
神奈川県消費者団体連絡会

○環境学習会の中で、プラごみをテーマに学習会を行い、状況認識を深める。

○3R を推進する。とりわけ、総量を減らすために暮らしを見直し行動する。店を選ぶ。商品を選ぶ。暮らしを選ぶ。

神奈川県生活協同組合連合会

○会員団体とレジ袋・プラごみ削減の共有化をすすめ取り組みを促進します。

○ホームページを通じたプラごみ・環境等に関する情報発信や学習の機会を設ける等、啓発をすすめます。

逗子ゼロ・ウェイストの会

逗子ゼロ・ウェイスト

持続可能な社会を目指すSDGsへの具体的な取組として、次の2点を重点的に行う。

○マイバッグを持参し、レジ袋はもらわない。
使用済みの傘布や新聞紙からマイバックを作成するワークショップを随時開催し、海洋汚染・マイクロプラスチック問題の啓発とマイバッグの普及を目指します。

○マイボトルを持参し、ペットボトル飲料を買わない。

生活協同組合ユーコープ
ユーコープ

○「お買物袋持参運動」と「レジ袋の有料化」の取り組みを継続し、プラスチックごみを削減します。

○発泡トレーやペットボトルを資源物として回収してリサイクルを促進します。

茅ヶ崎市一般廃棄物収集運搬業協同組合

茅ヶ崎市一般廃棄物収集運搬業組合

○サザンビーチちがさき海水浴場のビーチクリーンキャンペーンに組合で参加し、海に流れるプラスチック類の削減に取り組みます。

○組合事務所から出るプラスチック類は茅ヶ崎市ごみと資源物の分け方・出し方に従って排出し、ペットボトルはキャップを外しエコキャップとして資源回収に努めます。

公益財団法人地球環境戦略研究機関(IGES)

IGES

○IGESが開催するセミナー、国際会議などから使い捨てプラスチックの使用の自粛を徹底し、関係する団体・業者にも使い捨てプラスチックの代替手段をとるように働きかける。

○プラスチックゴミによる海洋汚染の軽減に通じる調査研究を進めると共に、それらから得られた知見等を講演会や環境学習等を通じて普及・啓発を図る。

藤沢市資源循環協同組合

藤沢市資源協同組合

○商品プラスチックリユース事業の取組:平成24年より回収した「商品プラスチック」の中で、損傷が少なく使用可能な物を厳選し、障がい者の方々が一つ一つ洗浄、殺菌、消毒し、新しい商品へと生まれ変わり、必要な人に再使用してもらいます。環境基金への寄付(1個につき100円以上)して頂くことで、商品プラを再使用して頂く事でプラスチックごみの削減に取組みます。

○プラごみに関する環境学習の開催:藤沢市の小学4年生社会科見学等でリサイクルプラザ藤沢施設内を見学、ふじさわ環境フェアやリユースフェア、リサイクルプラザ藤沢フェア等で市民の方へリサイクルの必要性とプラゴミ削減にむけた取組みを行います。

特定非営利法人プラスチックフリージャパン

プラスチックフリージャパン

〇由比ヶ浜海岸、材木座海岸などでビーチクリーニングを開催し、海ごみの現状を広く市民に啓発。また、市民やレストランに向けてステンレスストロー使用を呼び掛けています。

〇海ごみ、プラスチックの毒性、環境問題についてセミナーや上映会など学習の場を定期的に開催。プラごみ削減の取組の必要性を啓蒙・普及しています。

学校の取組

学校法人岩崎学園横浜保育福祉専門学校

○学生を中心に、学園傘下の保育園の園児と共にエコバッグ制作を行い、マイバッグを持ち歩く等園児の家庭にも普及する取り組みを継続します。

○様々なイベント内の「プラごみ削減」啓発活動に参加し、「プラごみゼロ宣言」に関する紙芝居、子ども向けの遊び等で呼びかけ「ごみの仕分け」「プラごみの種類」等発信する活動をします。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

本文ここまで
県の重点施策
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • 未病の改善
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる