廃棄物再生事業者登録

掲載日:2020年6月17日

廃棄物再生事業者の登録制度は、平成3年の「廃棄物処理法」の改正により制度化された、廃棄物再生事業者の県知事による登録制度です。

制度概要

廃棄物の減量化・再生の推進には、市町村による分別収集や集団回収等を確保するため、市町村と廃棄物再生事業者との連携・協力体制が必要不可欠です。

このような認識のもと、廃棄物再生事業者の県知事による登録制度を設けることで、優良事業者の育成及び市町村における一般廃棄物の再生に関する必要な協力体制を整備することを目的として、平成3年の「廃棄物処理法」の改正により制度化されました(廃棄物処理法第20条の2に規定されている制度です)。

【目的】

  • 優良な事業者の育成を図る
  • 市町村における一般廃棄物の再生に関して必要な協力体制の整備を図る

【登録】

  • 廃棄物の再生を業として営んでいる方で、一定の基準に適合する場合に、知事が事業場毎に登録します。
  • 登録事業者は、『登録廃棄物再生事業者』の名称を使用することができます。
  • 有価物のみを取り扱っている場合は登録できません。(市況により変動する場合を除く。)

廃棄物再生事業者・事業概要

廃棄物再生事業者登録の手引き(PDF:889KB)

事業者名簿はPDFファイルで掲載しています。

登録再生事業者名簿(PDF:268KB)(別ウィンドウで開きます)


受付・問い合わせ窓口

廃棄物再生事業者の登録などの各種手続きの受付、お問い合わせは、事業所の所在地の受付窓口(PDF:56KB)(別ウィンドウで開きます)まで、まずはお電話でご相談下さい。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。