難病指定医の指定に係る研修について

掲載日:2020年4月9日

難病指定医の指定に係る研修について


平成27年1月に施行された難病の患者に対する医療等に関する法律により、難病患者の方が医療費助成の申請時に必要となる診断書(臨床調査個人票)を作成できるのは、都道府県知事又は政令指定都市市長の指定を受けた難病指定医に限られることとなりました。難病指定医の指定を受けようとする医師のうち、専門医の資格を持たない医師が申請を行うためには、都道府県知事又は政令指定都市市長が行う研修を修了することが必要です。


難病指定医・協力難病指定医向けオンライン研修

 令和2年4月1日から、難病指定医・協力難病指定医向けオンライン研修を開始しました。

※政令指定都市(横浜市、川崎市、相模原市)に主たる勤務先のある医師の方は、各市にご申請ください。

1 対象者

1.既に指定医の指定を受けている医師(「14T・C」から始まる指定医番号をお持ちの方)で、当該指定の更新を希望する医師

2.「学会が認定する専門医の資格を持たない医師」で、新規に難病指定医の指定を受けることを希望する医師【診断又は治療に5年以上従事した経験(臨床研修機関を含む)を有する医師】

2 オンライン研修受講の流れ

1.神奈川県に対して「難病指定医向けオンライン研修受講届出」を行ってください。

【電子申請システムを利用する場合】

下記URLより、電子申請システムから届出を行ってください。利用者登録は不要です。

電子申請システム: https://dshinsei.e-kanagawa.lg.jp/140007-u/offer/offerList_detail.action?tempSeq=4605

【郵送の場合】

難病指定医オンライン研修利用届出書(ワード:18KB)」を以下の担当宛てに送付してください。

〒231-8588(所在地の記載は不要です)

神奈川県がん・疾病対策課 難病対策グループ 指定医研修担当

2.神奈川県から「指定医オンライン研修システムのURL」「ID」「初期パスワード」を送付します。(届出を受理してから送付までに2週間程度かかります。)
3.指定医オンライン研修システムにログインをし、「難病指定医向けオンライン研修」又は「協力難病指定医向けオンライン研修」を受講してください。
4.研修終了後、指定オンライン研修システムで「研修終了証」をダウンロードして、必要書類と合わせて、申請を行ってください。(詳しくは難病指定医の申請についてをご確認ください。)

※研修終了後、翌年度末までに申請を行ってください。(更新申請の方は、指定有効期間終了日までにご申請ください。)

令和元年度神奈川県難病指定医研修(終了しました)

1 対象者

1.既に指定を受けている医師(「14T」から始まる指定医番号をお持ちの方)で、2020年度中に指定有効期間が終了する医師

2.「学会が認定する専門医の資格を持たない医師」で、新規に難病指定医の指定を受けることを希望する医師【診断又は治療に5年以上従事した経験】(※臨床研修機関を含む)を有する医師】

※2019年度中に難病指定医有効期間が終了する医師のうち、2018年度の研修を受講されなかった指定医も受講可

2 開催日時

回数 日時 定員 申込期限
第1回 2019年 6月23日(日曜日) 250名 2019年 6月7日(金曜日)
第2回 2019年 12月15日(日曜日) 250名 2019年 11月29日(金曜日)

3 会場

神奈川県総合医療会館7階講堂 横浜市中区富士見町3-1

4 研修内容

(1)難病の医療費助成制度について

(2)難病の医療費助成に係る実務について

(3)代表的な疾患の診断等について

5 問合せ先

神奈川県では難病指定医の指定に係る研修を神奈川県医師会に委託して行っています。

研修の詳細および申込み方法については神奈川県医師会にお問合せください。

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa