かながわの難病対策

掲載日:2020年2月20日

新着情報

2019年12月20日 難病患者等ホームヘルパー養成研修を開催します。(令和2年2月19日)※終了しました

このページでは、神奈川県で行っている難病対策事業について、情報提供いたします。

神奈川県 指定難病医療費助成制度

厚生労働大臣が定める「指定難病」に罹患されている患者さんの医療費負担軽減を目的とした制度です。下記リンク先に詳しい説明を掲載しています。

難病に関する相談窓口

難病に関する相談は下記の病院、団体でも受けることができます。

 分類  名称  電話番号
 神奈川県難病医療連携拠点病院

 北里大学病院 

 042-778-8111

 聖マリアンナ医科大学病院

 044-977-8111

 東海大学医学部付属病院

 0463-93-1121

 横浜市立大学附属病院

 045-787-2800

 神奈川県委託事業

(受託者 国立病院機構 箱根病院)

 かながわ難病相談・支援センター

(主に療養生活・就労に関するご相談)

 045-321-2711

 

 分類  名称  電話番号

 特定非営利活動法人

 神奈川県難病団体連絡協議会※

 045-651-0258

※難病の病気ごとに結成されている患者会が、神奈川で共に活動を進めるために設立された団体で、原因や治療法が不明の病気(難病)などによって困難に直面している患者さんやご家族のために、ピア相談や医療講演会・講習会・研修会の開催等の活動をしています。

在宅難病患者受入れ病床確保事業

難病患者さんの在宅生活を支えている介護者が、一時的に介護ができなくなった場合、患者さんが県内の協力病院へ短期間入院ができる事業です。下記リンク先に詳しい説明を掲載しています。

難病医療提供体制の構築について

適切な難病医療提供体制の構築のため、「神奈川県難病医療連携拠点病院」及び「神奈川県難病医療支援病院」を指定しています。下記リンク先に詳しい説明を掲載しています。

 

 

 

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa