<ME-BYO BRAND> グローバルに未病産業をリードするトップランナー!

掲載日:2018年12月12日

 ME-BYO BRANDロゴマーク

ME-BYO BRANDとは

優れた未病産業関連の商品やサービスを、神奈川県が「ME-BYO BRAND」として認定する制度です。(平成27年5月からスタート)

ME-BYO BRANDの募集について

H30年度第2回の募集は終了しました。次回の募集時期は未定です。

たくさんのご申請をいただき、どうもありがとうございました。

ME-BYO BRAND認定のメリット

  1. 認定商品・サービス及びその広告に、「ME-BYO BRANDロゴ」(上記)を使用することができます。
  2. 認定商品・サービスの名称に、商標「ME-BYO」を使用することができます。
  3. 県が主催する未病産業関連のイベントに、認定商品・サービスを展示することができます。
  4. 県は、記者発表やホームページ等により、認定商品・サービスを積極的にPRします。

 

ME-BYO BRAND認定商品のご案内

「MIMOSYS(ミモシス)®」(PST株式会社)

スマートフォンでの通話を通じて、声から情動、ストレス、抑うつ状態といった心の状態をリアルタイムに認識できるAndroid®向けソフトウェア開発キットです。

この商品を活用し、人々が日常生活の中で、自己のメンタルヘルスの状態を簡単に把握できるようになり、自ら行動を起こすことによって、未病を改善することが期待できます。

認定式での写真

心の活量値元気圧

(クリックで画像を拡大) [その他のファイル/303KB](クリックで画像を拡大) [その他のファイル/230KB]

記者発表資料 [PDFファイル/177KB]
別紙1 ME-BYO BRAND認定制度 [PDFファイル/112KB]
別紙2 さがみロボット産業特区での支援について [PDFファイル/156KB]

.

「アミノインデックス®」(味の素株式会社)

血液中のアミノ酸濃度を測定し、現在の健康状態や病気の可能性を明らかにする検査です。病気の段階から身体の状態を手軽に知ることができるなど、「未病の見える化」が期待できます。

 

【AIRS(アミノインデックス®リスクスクリニ ーング)】

一度の採血で二つの検査項目であるAICS・AILSを同時に行うサービス。

(取り扱いがAICSのみの医療機関もあります)

 

AICS (アミノインデックス® がんリスクスクリニーング) 

 現在がんである可能性を評価する検査

 胃がん、肺がん、大腸がん、前立線がん(男性のみ)、乳がん(女性のみ)、子宮・卵巣がん(女性のみ)、膵臓がんが対象です。

アミノインデックスのイメージ

(クリックで画像を拡大)[その他のファイル/183KB]

記者発表資料[PDFファイル/196KB]

 

AILS(アミノインデックス®生活習慣病リスクスクリニーング)

4年以内の糖尿病発症リスクと、必須・準必須アミノ酸が血液中で現在低下していないかを評価する検査。

記者発表資料(PDF:672KB)

別紙1(PDF:360KB)

別紙2(PDF:242KB)

 

「ロボットスーツHAL®シリーズ 及び ロボットスーツを活用した未病改善トレーニング「HALFIT®」(湘南ロボケアセンター株式会社・CYBERDYNE株式会社)

世界初の技術を用いた、装着することで人の動作を支援・補助するサイボーグ型ロボット。このロボットを用いたトレーニングにより、脳・神経・筋系の疾患者、フレイルなどの虚弱化していく高齢者等の身体機能が向上し、未病の改善につながることが期待できます。

※対象商品・サービスの詳細

【医療分野】(機能改善・機能再生治療)医療用HAL®

【その他分野(非医療)】

(健康維持増進)福祉用HAL®、単関節HAL®、HALFIT®

(腰痛防止)介護支援用HAL®、作業支援用HAL®

ロボットスーツHAL

 

記者発表資料[PDFファイル/286KB]

別紙1 ME-BYO BRAND認定制度の概要 [PDFファイル/44KB]

別紙2 ロボットスーツHAL [PDFファイル/293KB]

 

遺伝子検査サービス「MYCODE」(DeNAライフサイエンス株式会社)

自宅で唾液を採取し検査機関に郵送することで、疾患や体質の遺伝的な傾向と予防のためのアドバイスを提供する遺伝子検査サービス。

生活改善プログラム※の提供や人間ドック・検診予約サイトとの連携により「未病を見える化」し、未病を改善するための行動変容につながることが期待できます。  

※ 生活改善プログラム

管理栄養士を中心としたアドバイザーが、日々の生活習慣を改善していくサポートを行うプログラム。

遺伝子検査サービス「MYCODE」

 別紙3 遺伝子検査サービス「MYCODE」 [PDFファイル/796KB]

 

脳梗塞リスク評価サービス(株式会社アミンファーマ研究所)

世界初の血液検査によって、自覚症状のない小さな脳梗塞(かくれ脳梗塞)を検出するサービス。

脳梗塞の発症リスクを知ることで「未病の見える化」が期待できます。

脳梗塞リスク評価サービス

別紙4 脳梗塞リスク評価サービス [PDFファイル/220KB]

 

 

 

ファンケル学べる健康レストラン/ファンケル健康メニュー(株式会社ファンケル)

健康的で美味しく満足感のある「食」と健康づくりに必要な「学び」を社員食堂などで提供するサービス。
未病コンセプトや健康づくりに関する知識の普及を図るとともに、健康のための食を提供することで生活習慣の改善につながることが期待できます。

ファンケル健康メニュー

スマホ健康診断ツール写真

記者発表資料 [PDFファイル/280KB]
別紙1 ME-BYO BRAND認定制度の概要 [PDFファイル/213KB]
別紙2 ファンケル学べる健康レストラン/ファンケル健康メニュー [PDFファイル/477KB]

ロコミル・アンチロコモ教室(アルケア株式会社)

ロコミル
下肢筋力を数値化し、見える化する健診事業。
アンチロコモ教室
一人ひとりの下肢筋力に合わせた運動プログラムを提供。

ロコモの状態を見える化し、個人別の改善プログラムを提供することでロコモティブシンドロームの予防が期待できます。

アンチロコモ教室体操

ロコミル測定項目

別紙3 ロコミル・アンチロコモ教室 [PDFファイル/260KB]

簡易疲労・ストレス測定システム(株式会社疲労科学研究所)

小型の機器を使用して脈波及び心電波を測定し、自律神経のバランスや活動量を計測することで、疲労・ストレスの状態をスマートフォン等に表示するシステム。
疲労・ストレスの状態を見える化することで、企業等が行う従業員の健康管理に役立てることが期待できます。

測定中の画像

測定結果表

別紙4 簡易疲労・ストレス測定システム [PDFファイル/1.59MB]

休養時専用ウェア「リカバリーウェア」(株式会社ベネクス)

リカバリーウェア2

 

リカバリーウェアは、株式会社ベネクス、東海大学、公益財団法人神奈川産業振興センターとの産学公連携事業により開発された疲労回復を目的とする「休養時専用ウェア」です(資料2)。
「リカバリーウェア」には、ナノプラチナなどの鉱物が繊維一本一本に練りこまれた同社独自のナノテクノロジーによる特殊素材「PHT(Platinum Harmonized Technology)」が用いられています。就寝時などにおける着用が推奨されており、「PHT」が副交感神経に作用し、筋肉の緊張をほぐし、血流を促し、疲労回復をサポートすることで、未病の改善につながることが期待できます。

 

記者発表資料(PDF:127KB)

資料1 ME-BYO BRAND認定制度の概要(PDF:260KB)

資料2 株式会社ベネクス報道資料(PDF:363KB)

 

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。