政策局 自治振興部広域連携課

掲載日:2018年8月27日
地方分権改革を推進しています

「地方分権」とは、住民が地域のことを自らの意思と責任で決定でき、地方自治体がそうした住民の意思を反映するために必要な財源と権限を持つことです。広域連携課では、この地方分権の推進に関する事務等を行っています。

新着情報

地方分権に関するページ広域連携に関するページ国への提案

地方分権の概要や、これまでの地方分権改革についてご紹介しています。

地方分権を学ぶためのウェブ講座と出前講座についてご紹介しています。

国が地方分権改革に関する提案を地方公共団体等から募集し、それらの提案の実現に向けて検討を行う「提案募集方式」についてご紹介しています。

県民の皆さんの意思に基づいた県政を行っていくため、基本的な理念や原則などを明らかにした「神奈川県自治基本条例」についてご紹介しています。

本県の地方分権改革の推進に向けた取組方針についてご紹介しています。

地方自治法に基づき設置された、指定都市都道府県調整会議の会議概要等を掲載しています。

本県が他の自治体との連携等により行った国への提言等を掲載しています。

現在の都道府県に代わり、より広い区域を所管する「道州」を新たに置く仕組みである道州制について、説明しています。

このページの先頭へ戻る

 

本県は、他の自治体との連携により、広域的な課題に取り組むほか、遠隔地との交流も図っています。

47都道府県の知事で組織する、全国知事会における本県の提案内容や会議資料を掲載しています。

1都9県の知事により構成する、関東地方知事会における国への提案・要望等を掲載しています。

首都圏の九都県市の知事及び市長により構成する、九都県市首脳会議における本県の提案内容や会議資料を掲載しています。

山梨・静岡・神奈川の三県の知事により構成する、山梨・静岡・神奈川三県サミット(略称「山静神サミット」)における会議資料や結果等を掲載しています。

本県と県内指定都市の市長により構成する、県・横浜・川崎・相模原四首長懇談会における会議資料や結果等を掲載しています。

本県は、富山県、鹿児島県との交流・連携の取組みを進めており、概要を掲載しています。

このページの先頭へ戻る

 

神奈川県では、県の施策の推進にあたり、全国的な制度の改正など国に働きかけを行う必要がある事項について、翌年度の国の施策・制度・予算への反映を目指すため、国への提案活動を実施しています。

このページの先頭へ戻る

 

本文ここまで
県の重点施策
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • 未病の改善
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • マグカル
  • ともに生きる