保健医療救護対策について

掲載日:2019年7月1日

神奈川県保健医療救護計画の推進

 神奈川県地域防災計画の個別計画として平成8年9月に策定し、平成30年3月に改定した神奈川県保健医療救護計画に基づき、災害時における保健医療体制の整備を推進しています。

神奈川県保健医療救護計画(平成30年3月改定)[PDFファイル/2.3MB]

神奈川県保健医療救護計画 概要版[PDFファイル/598KB]

災害拠点病院の整備

 県では、災害時における重症・重篤な傷病者の受入れや救護班の派遣など医療救護の中心的な役割を担う病院として、33か所の災害拠点病院を指定しています。

災害派遣医療チーム(DMAT:ディーマット)

DMAT打合せ風景

要配慮者支援

 市町村向けに、災害時における要配慮者の支援に取り組む際に留意する事項や、参考となる事項を取りまとめた指針を平成8年3月に作成しました。平成31年3月に改正し、市町村の具体的な取組を支援しています。

災害時における要配慮者支援マニュアル作成指針(平成31年3月改正)(PDF:1,659KB)

災害発生直後は、支援が行き届かないことも多いため、自らの身を守る「自助」の取組が重要です。食事に配慮が必要な方は、それぞれのご家庭で食料などの備蓄を進めましょう。

(参考)

1 災害時に備えた食品ストックガイド(農林水産省)

2 スマイルケア食(新しい介護食品)(農林水産省)

3 災害時に乳幼児を守るための栄養ハンドブック(日本栄養士会)(PDF:1,369KB)

4 乳児用液体ミルクってなに?(消費者庁)(PDF:218KB)出典:消費者庁Webサイト

広域災害・救急医療情報システム(EMIS:イーミス)

「広域災害・救急医療情報システム:EMIS=EmergencyMedicalInfomationSystem」とは、災害時における全国ネットの災害医療に係る総合的な情報を共有し、被災地域での迅速かつ適切な医療・救護に関わる各種情報の集約・提供を行うシステムです。最新の医療資源情報、超急性期の診療情報、急性期以降の患者受入情報、DMAT活動情報等を収集します。

その他

 医療救護活動の様々な場面での対応に習熟するとともに、関係機関との連携強化を図るため、保健医療調整本部の運用、情報の受伝達、救護班の派遣や傷病者の搬送などの訓練を実施しています。
 また、災害医療の概要やトリアージ技術などに関して、医療従事者のみならず行政事務職員等を広く対象とする研修会を開催し、災害現場等で活動する関係者の対応能力の向上に努めています。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。