更新日:2022年6月24日

ここから本文です。

道路の交通安全対策

道路の交通安全対策

 

道路の交通安全対策

交通事故の防止や歩行者等の安全確保のため、歩道の整備やバリアフリー化、交差点の改良、自転車通行空間の整備等に取り組んでいます。

歩道の整備やバリアフリー化

歩道がない、または狭い道路では、目の不自由な方や車いすを利用している方等、誰もが安心して道路を利用できるように、歩道の整備を行っています。

また、現在、歩道が整備されている箇所でも、古くなった舗装を新しくしたり、歩道の勾配を緩やかにしたりするなど、より安全に通行できるよう歩道の改善を進めています。

工事の事例

県道302号(小袋谷藤沢) 藤沢市渡内二丁目 歩道整備工事

 歩道が狭い道路に歩道整備を行い、歩行者が安全に通行できるようになりました。

歩道整備前 歩道整備後

県道311号(鎌倉葉山) 鎌倉市大町一丁目 歩行空間改善

 道路のわきの側溝(雨水を流す溝)のふたを作り替え、段差のない歩きやすい歩道になりました。

古い側溝 新しい側溝

交差点の改良

渋滞緩和と交通事故の削減を目的に、右折レーンを新設したり、直進や右左折がスムーズに行えるよう交差点の形を改善したりするなどの交差点の改良を行っています。

工事の事例

県道43号(藤沢厚木) 藤沢市用田 用田交差点改良工事

 右折待ちの車両による直進車への阻害が発生し、渋滞が多発していた交差点に、右折レーンを新たに設け、渋滞の解消を図りました。

 また、あわせて歩道を新たに設置し、歩行者が安全に通行できるようにしました。

右折レーン設置前 右折レーン設置後

自転車通行空間の整備

自転車を安全に利用できるよう、警察等と協力し、自転車の通行空間の整備を進めています。

工事の事例

県道30号(戸塚茅ケ崎) 藤沢市辻堂元町四丁目

 車道の端を青色で塗装し、自転車が安全に走行できる空間を確保しました。

塗装前 塗装後

駐車場(由比ガ浜地下駐車場、片瀬海岸地下駐車場)の設置

路上駐車による交通渋滞及び事故の発生を防止する目的で、国道134号の鎌倉市由比ガ浜と藤沢市片瀬海岸に約200台規模の駐車場を設置し、維持管理しています。

由比ガ浜地下駐車場

由比ガ浜地下駐車場(指定管理者のページ)(別ウィンドウで開きます)

由比ヶ浜地下駐車場(道路管理課のページ)

指定管理者について:タイムズ24株式会社・タイムズサービス株式会社グループ(別ウィンドウで開きます)

 

片瀬海岸地下駐車場

片瀬海岸地下駐車場(指定管理者のページ)(別ウィンドウで開きます)

片瀬海岸地下駐車場(道路管理課のページ)

指定管理者について:株式会社湘南なぎさパーク(別ウィンドウで開きます)



このページに関するお問い合わせ先

このページの所管所属は 藤沢土木事務所です。