食品中の放射性物質の対応(事故以前)

掲載日:2018年6月12日

東京電力(株)福島第一原子力発電所事故以前の状況

昭和61年(1986年)4月26日、旧ソ連ウクライナ共和国のチェルノブイリ原子力発電所で発生した原子炉事故で、多量の放射性物質が環境中に放出され、近隣ヨーロッパ諸国の農畜産物が放射性物質で汚染されました。

国内では、平成11年(1999年)9月30日、茨城県東海村のウラン加工施設において臨界事故が発生しました。ウラン加工施設の事故では、幸いにも、周辺地域の農水畜産物等のサンプリング調査の結果、汚染は確認されず、10月4日に国の食品等への安全宣言が出されていました。


県の取組み

本県では平成14年4月から平成23年1月まで、輸入品及び国産品を合わせて20検体程度、野菜や魚介類、粉乳などについて放射性セシウム等の放射性物質の検査を実施していました。微量ながら放射性セシウムが検出された検体もありますが、いずれも暫定限度を超えるものはありませんでした。

検査結果

検査結果に関するお問い合わせ先
茅ヶ崎駐在事務所
電話 0467-83-1500
ファクシミリ 0467-83-1555 



このページの先頭へもどる

かながわの食の安全・安心のページへもどる

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa