平成29年度第3回かながわ食の安全・安心キャラバンinちがさき

掲載日:2018年12月7日

テーマ:「健康食品の正しい利用方法について」

日時:平成29年12月13日(水曜日)

場所:茅ヶ崎市役所

内容:講義、グループディスカッション

講義

「健康食品の正しい利用法について」

講師:国立研究開発法人医薬基盤・健康・栄養研究所 国立健康・栄養研究所食品保健機能研究部 健康食品情報研究室長 千葉 剛氏 

講義資料に沿って、次の内容について講義がありました。

  • 健康食品とは?医薬品との違いは?
  • 健康食品に関するその情報、信じて大丈夫?
  • 保健機能食品について(栄養機能食品、特定保健用食品、機能性表示食品)
  • 健康に過ごすために

平成29年度第3回かながわ食の安全・安心キャラバンの講義風景の写真です。

講義のまとめ

健康食品(機能性表示食品、特定保健用食品、いわゆる健康食品)の特徴を理解し、

1.本当に必要か考える→治療目的には使わない

2.表示をしっかり見る→品質、成分・含有量、摂取方法、注意事項など

3.メモを取る→何時(摂取日)、何(商品名)を、どれくらい(量)摂取した

4.少しでも異変を感じたらすぐやめる→医師、保健所に相談

講義資料はこちら[PDFファイル/4.34MB]

参考情報(国立研究開発法人医薬基盤・健康・栄養研究所 国立健康・栄養研究所ホームページ)

グループディスカッション及び意見交換

参加者は5名程度のグループに分かれ、健康食品についてグループディスカッションを行いました。

その後、各グループから全体に向けて、グループ内で出た意見を発表していただきました。

意見交換の内容はこちら[PDFファイル/99KB]


前のページへもどる

かながわの食の安全・安心のページへもどる

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa