災害時も停電のないくらし!太陽光発電 ~今こそ太陽光~

掲載日:2018年10月1日

太陽光発電を設置されている方へ
 停電停電が起きていても、機器の操作で太陽光発電の電気を使えるようになります。

災害時も停電のないくらし!太陽光発電

現在、私たちは、電気に頼って毎日の生活を送っています。

もし、電気が止まってしまったらどうなるでしょうか?くらしが成り立たなくなります。

この夏、日本列島で多くの災害が起こり、大規模な停電もありました。スマートフォンの充電のために多くの方々が列をつくりました。

そんな時に私たちを助けてくれる強い味方、それが「太陽光発電」です。

太陽光発電があれば昼間の電気が確保できます。
さらに蓄電池もあれば夜間でも電気が確保できます。

今こそ、太陽光発電を導入して、災害時も停電のないくらしを実現しましょう。

もし、停電が起きたとしても・・・

太陽光発電があれば

スマートフォンやテレビが使えます

昼間の電気を確保

  • スマートフォンが充電できる!
  • テレビで情報収集できる!

さらに蓄電池があれば

照明や冷蔵庫も使えます

夜間でも電気を確保

  • 照明がついて安心できる!
  • 冷蔵庫で食品を保存できる!

 

太陽光発電を導入して、災害時も停電のないくらしを実現しましょう!

 詳しくは、かなチャンTV「教えて!黒岩さん」で放送しています。

 教えて!黒岩さん災害時も停電のないくらし

 

太陽光発電を設置されている方へ

 災害時、停電が起きた場合、太陽光発電の電気を使うためには、手動により所定の操作をする必要があります。
 突然の停電に備えて取扱い説明書により、操作方法を確認しておきましょう。詳しくは「停電と太陽光発電Q&A」をご覧ください。

太陽光発電の設置をお考えの方へ

神奈川県では、太陽光発電設備を県民や県内事業者の方々にリーズナブルな価格で安心して設置していただくために、「かながわソーラーバンクシステム」を運用しています。

詳しくは、かながわソーラーバンクシステムのページをご覧ください。

太陽光発電の保守点検をお考えの方へ

平成29年4月1日から再生可能エネルギーの固定価格買取制度(FIT制度)が新しくなり「発電設備を適切に保守点検及び維持管理するために必要な体制を整備し、実施するものであること」が求められています。

詳しくは再生可能エネルギー発電設備の保守点検・維持管理についてのページをご覧ください。

停電と太陽光発電Q&A

Q1 災害などで停電になった場合でも、太陽光発電設備があれば電気が使えますか?
A はい。使うことができます。ただし、普段お使いの電気は、電力会社からの電気と太陽光発電の電気を連系運転して使っているため、停電が起きた場合は、一旦、停電状態が生じます。
 そこで、太陽光発電の電気を使うためには、屋内(又は屋外)にあるパワーコンディショナーを手動で操作し、連系運転から太陽光発電の自立運転に切り替える必要があります。この切替方法は、各メーカーの機種ごとに異なりますので、取扱説明書に記載の操作手順に従って行ってください。

Q1 停電時でも太陽光発電の電気があれば、普段通りに電気が使えますか?
A 電力供給量に限りがあるため、普段通りに使うことはできません。Q1でお答えした停電時に太陽光発電の自立運転に切り替えた場合、使うことのできるコンセントは予め決められています。パワーコンディショナーについているコンセント一箇所という場合もあれば、屋内に専用のコンセントを作る場合もありますので、メーカーや施工事業者に問い合わせるなどして、把握して下さい。
 また、太陽光発電だけで使うことのできる電気は、最大で1,500W程度が標準となっています。1,500Wの電気があれば、テレビや冷蔵庫、スマートフォンの充電などの使用が可能ですので、災害時であれば、その情報の収集や家族や会社への連絡など、必要な行動をとることができます。また、ご近所の方のスマートフォンを充電することも可能となります。

Q3 夜間でも電気を使うことはできますか?
A 太陽光発電設備だけの場合は、太陽が出ている昼間しか電気を使うことはできません。夜間でも電気を使えるようにするためには、昼間、発電した電気を蓄えておく蓄電池を併せて設置しておく必要があります。

Q4太陽光発電と蓄電池を設置する場合の費用は、どれくらいですか?
A 設置する太陽光発電の量や蓄電池の種類によりますが、工事費も合わせて200万円から500万円まで様々です。

Q5太陽光発電や蓄電池を設置する工事は、どれくらいの期間かかりますか?
A 基本的な設置工事だけの場合、取付工事は一日で済みます。ただし、固定価格買取制度を利用する場合は発電事業計画の認定を受ける必要がありますので、実際に使用するまでに数か月かかることもあります。

Q6太陽光発電や蓄電池を購入する場合は、どこに相談すればいいですか?
A 専門の事業者やリフォーム事業者、家電量販店やホームセンターでも購入できます。
また、事業者をお探しの場合は、県のかながわソーラーバンクシステムのページをご覧ください。

Q7太陽光発電は、マンションでも設置できますか?
A 管理組合の許可を取ったうえで、屋上に設置することができます。

Q8 導入した太陽光発電や蓄電池は、何年間使えますか?
A 太陽光発電のパネルは20年、蓄電池やパワーコンディショナーは10年程度使えるといわれています。

Q9 太陽光発電や蓄電池を設置したあとの点検やメンテナンスは必要ですか?そのための費用はかかりますか?
A 設備の導入後は、メーカーや販売店など、専門の事業者による定期的な点検を受けてください。点検は有償の場合があるので、事業者に確認してください。
 また、地域で活動する保守点検事業者の情報は再生可能エネルギー発電設備の保守点検・維持管理についてのページで確認することができます。