再生可能エネルギー発電設備の保守点検・維持管理について

掲載日:2018年3月10日

平成29年4月1日から再生可能エネルギーの固定価格買取制度(FIT制度)が新しくなり、FIT制度を活用して再生可能エネルギーで発電した電力を売電するための認定制度が「設備認定」から「事業計画認定」に変わりました。

「事業計画認定」では、自宅に太陽光発電設備を設置している方をはじめ、発電事業者の方が遵守すべき項目が追加されましたが、特に、「発電設備を適切に保守点検及び維持管理するために必要な体制を整備し、実施するものであること」が求められています。

お近くの保守点検事業者のご案内

太陽光発電設備を設置している方向けに、地域で活動する保守点検事業者の情報(住所、連絡先等)をまとめた「神奈川県内の太陽光発電保守点検事業者データベース」を作成しました。
本データベースを活用して、お近くの保守点検事業者を検索できますので、是非ご利用ください。
また、本データベースへの登録を希望される事業者の方は、県エネルギー課にお問合せください。

神奈川県内の太陽光発電保守点検事業者データベース [Excelファイル/20KB]

研修

県内の太陽光発電施工事業者や、太陽光発電設備を設置している方を対象に、太陽光発電設備の施工・保守点検等に関する無料の研修を開催しました。

太陽光発電設備の施工・保守点検事業者の方向け研修

基礎研修/ スキルアップ研修/ 申込方法


基礎研修

  • 内 容:適切な設計・施工や保守点検に関する基礎的な事項を学ぶ研修
  • 主催者:太陽光発電事業研修会・セミナー事務局
    (経済産業省資源エネルギー庁「地域の再生可能エネルギー推進モデルの展開事業」
    受託者:三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社)
  • 講 師:一般社団法人太陽光発電協会
  • 日 時:平成29年10月23日(月曜日) 13時00分から17時30分(受付開始時間は12時30分)
    【前半】設計・施工について 【後半】保守点検について
  • 会 場:崎陽軒本社ヨコハマジャスト1号館
    (横浜市西区高島2-12-6)
  • 定 員:60名(受付は終了しました。)

スキルアップ研修

  • 内 容:保守点検を実施するための具体的な点検機器の使い方や点検方法について、
    座学と実地で一体的に学ぶことで、実務的なスキルの向上を図る研修
  • 主 催 者:特定非営利活動法人太陽光発電所ネットワーク
  • 講 師:一般社団法人太陽光発電安全保安協会
  • 受講条件:県内で保守点検を実施又は実施を予定する事業であること、
    かつ、「保守点検事業者データベース」に登録すること
  • 定 員:60名(受付は終了しました。)

座学研修会

  • 日 時:平成29年11月7日(火曜日) 14時00分から16時30分(受付開始時間は13時30分)
  • 会 場:かながわ県民センター305会議室
    (横浜市神奈川区鶴屋町2-24-2)

実地研修会

  • 日 時:平成29年11月17日(金曜日)
  • 【1部】9時30分から11時00分(受付開始時間は9時00分)
    【2部】11時30分から13時00分(受付開始時間は11時00分)
    (2部入替制で、各部30名ずつ同じ内容となります。)
  • 会 場:JPMA太陽光発電試験場
    (埼玉県さいたま市桜区新開1-26-5)
  • 注意事項:太陽光発電設備を使ってデータ計測等を行います。
    そのため、当日は汚れてもよい、動きやすい服装でお越しください。

太陽光発電設備を設置している方向け研修

  • 内 容:改正FIT法と太陽光発電の基礎・保守メンテナンス研修
  • 主 催 者:特定非営利活動法人太陽光発電所ネットワーク
  • 日 時:平成29年11月24日(金曜日) 18時00分から20時30分(受付開始時間は17時30分)
  • 会 場:万国橋会議センター会議室401、402号室
    (横浜市中区海岸通4-23)
  • 定 員:100名(受付は終了しました。)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

本文ここまで
県の重点施策
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • 未病の改善
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • マグカル
  • ともに生きる